カメラ

かわいさとかっこよさを兼ね備えたpentax k2現る

どうも旅と写真が大好き「わたたく」こと渡琢矢です。 最近、断捨離をしている時に突然現れたpentaxのk2というフィルムカメラ。 これがまたかわいさとかっこよさを感じさせてもらえてすぐにお気に入りのカメラとなりました。 ちょっとした情報やいいなと感じ…

ニコンのプログラムオートでf値とシャッタースピードが変わらない時の解決方法

一定の露出を保ったまま撮影ができるプログラムオート(撮影モードP)機能。 (あれ?故障かな?なんでだろ?) カメラのダイヤルを回せばf値とシャッタースピードの組み合わせを変えることが出来るはずなのに変わらないという問題に直面したことはないで…

一眼レフカメラのヒストグラムで撮影した写真が明るいか暗いか判断する

一眼レフカメラのヒストグラムについての基本的なことの解説と実際に撮影して確認することを書いています。

Nikon 1 J4でヒストグラムを表示させて写真の明暗を確認する

NIkon1 J4でヒストグラムを確認するための設定方法を写真つきで紹介しています。

Nikon D3100でヒストグラムを表示させる方法

Nikon D3100でヒストグラムを表示させるのは簡単でした。

英語でのコンパクトデジタルカメラ、ミラーレス一眼レフカメラ、デジタル一眼レフカメラの呼び方

英語での各カメラの呼び方がとてもかっこいい。

新しいレンズを購入するときのために所有しているニコンDXフォーマットのレンズの表記を学びました

レンズについてを理解しておくことでよりいっそうカメラを楽しく。

AFエリアモードでフォーカスポイントを選んでより確実にピントを合わせる

適切なAFエリアモードを選んでピントを正確に合わせる事が出来るようになります。

フォーカスモードから適切なオートフォーカスを選んで確実にピントを合わせる

適切なフォーカスモードを選ぶことによってピント合わせを確実にする。マニュアルフォーカスの使い方が特に重要。

風景写真は被写界深度を意識すると良いのですね~

被写界深度を勉強して理解出来ました。

一眼レフカメラのピントを操って写真の主役を決める

ピントだけでも色々な表現方法がある。

ホワイトバランスを使って見た目に近い色で撮影をする

ホワイトバランスは基本的にはオートにしておこう。

フラッシュの使い方を勉強したけどいつ使うのか分からない

フラッシュの使い方は難しくて苦手です。

ISO感度を調整して暗い場所にある被写体の撮影に挑戦

ISO感度を使って真っ暗闇に置いた被写体は映るのかを試してみました。

露出補正で写真に優しさと重厚さを表現する

露出補正。頻繁に使うことになりそうです。

11時間ワクワクが止まらなかったニコンファンミーティング2017体験談

大充実のニコンファンミーティング2017でした。来年も参加したいです。

ニコン一眼レフのA、S、P、Mモードとオートモードで学んできたことまとめ

今まで勉強してきたモードの知識が頭に入っているかどうかの確認記事です。全部使いこなそう。

ニコンD3100のオートと発光禁止オートでカメラにまかせて簡単に撮影

オートと発光禁止モードは初心者にとっても使いやすい機能です。

ニコン一眼レフのマニュアルモード(Mモード)で自由に表現をする

マニュアルモードの世界は自由ですね。

ニコン一眼レフのプログラムオート(撮影モードP)で手軽に撮影をする

普段はPモードに設定をして写真を撮ろうと思います。

ニコン一眼レフのシャッター優先オート(撮影モードS)で動きを表現する

シャッタースピードを操ることで表現方法を増やす。

ニコン一眼レフの絞り優先オート(撮影モードA)でボケの量を調節して写真の表現を豊かに

Aモードでボケを操って写真の表現力に磨きをかける。

ニコンD3100のファームウェアバージョンをアップして電池寿命を長くしました

ファームウェアについてとヴァっジョンアップの様子を写真と共に書いています。

露出は絞りとシャッタースピードによって決まる

露出は2つが組み合わせで明るくも暗くも出来る。

シャッタースピード機能で光の量を調整する

シャッタースピードは一眼レフカメラの基本知識の1つ。

まばたきで写真を撮ると写真の技術と想像力が磨かれる

まばたきによる撮影は写真の世界を無限に広げてくれます。

f値の勉強をして撮影する写真の光の量を調整出来るようになりました

f値を知るだけで世界はとてもひろがる。

僕が所有しているカメラの機材

僕が所有しているカメラの機材。これから使いこなしていきます。