2018年の抱負は考えながら行動すること

nikonのカメラを持って微笑む渡琢矢

2018年。やっぱり旅と写真が大好き「わたたく」こと渡琢矢です。

僕は今まで「とにかく勉強しよう。」「とにかく量をこなそう。」なんて深く考えずに行動してきました。

それはそれで結果になる部分も良かったのだけれど勉強に関してはただこなしていただけで身になっていないなと思う部分がほとんど。

2017年12月後半に手帳を買って時間管理をして考えながら動けるようにして気づきました。

最初に考えてから行動を起こした方が疲労も少なく、たくさんの量が出来るということに。

まず計画を立てるようにしました

今月は何をどこまで出来るようにしようか考えて締め切りを設定。逆算して1日にやるノルマを決める。決めたところまで進めればあとは別の作業に集中するようにしました。

このやり方を試してから今で2週間ちょっと。以前よりも心に余裕を持てるようになりましたね。

1日で全てやれないです

1日で全てやろうとして出来なかったら「あぁ。ダメだ。」と自分を責める。その繰り返しで自信をなくし、負担が大きくなって何を目指していたのかも分からなくなる。

小さく長く走れるように目標を設定することは大事。

達成できなかったら訂正

余裕を持てるように計画を立てていますが慣れないことなので色々と試しては改善を繰り返す日々です。

欲張って達成することを大きくしてしまうクセがあるんですよね。気をつけないと。

数学的思考を身につけたい

まず何が問題になっているかを把握してその問題を解決する。次に出てくる別の問題を解決しては答えを導き出していく。

僕は文系で丸暗記で勉強して来たものですから考えるということが本当に苦手・・・というか考えることから逃げていました。

いきなり答えを求め、結果しか見えてなかったです。

旅でもそう。

目的地に向かう過程の中で遅延や迷子、言語が通じない障害など様々な問題を解決することでたどり着く。トラブルが起これば起こるほど目的地に到着した時は嬉しいんです。

算数の問題集を考えながら解くことで考える力も身について次の僕へと行けるのではないかとワクワクしています。

1つを確実に

イルミネーションをぼかして撮りたい。感動してもらえる写真を撮りたい。お花の写真を工夫して撮りたい。楽しんでもらえる写真を撮りたい。カメラをもっと使いこなしたい。

勉強すればするほどやりたいことが出てきて手帳のメモが文字で埋まってく。

ここで慌てて全部やろうとするのではなく、その時その時に自分に必要なことや心がしたいと言っていることに従おう。

自分のために学んだ「1つ」をブログを読んで頂ける方々に分かりやすく伝えることによって役に立てればさらに嬉しい。

まとめ

2018年は考えながら1つ1つ確実に身につけていく考え方を中心に行動をします。

ウサギとカメでいうカメの考え方。急いでするより考えてゆっくりやった方が自分の中で成長を感じて笑顔になれる。

29歳になって約4か月。

「急がば回れ」ということわざの意味にようやく気づけたと感じています。

今日も考えながら行動します。

それでは今日もよい1日を。 

あっ。髪が伸びたので切りに行かなきゃ。