ニコンD3100のオートと発光禁止オートでカメラにまかせて簡単に撮影

nikond3100モードダイヤルのautoに合わせたもの

ニコンD3100についている撮影モードにオートと発光禁止オートは本当に簡単に撮影できます。

この2つのモードはカメラが全ての設定を決めてくれるので撮る側は何も考えず撮りたいままに気楽に撮る事が出きます。

僕が海外を旅していた時はカメラの知識がなかったので発光禁止オートで撮る事がほとんどでした。

今回はカメラの学習をしてきた中でこの2つのモードを改めて復習。

フラッシュがあるのとないのとではどれほど違うのか、そしてオートでは何が不自由なのかをまとめさせて頂いております。

※使用機材はニコンD3100

モードダイヤルをAUTOに

nikond3100モードダイヤルのautoを強調したもの

ニコンD3100ではAUTOと書いた緑のマークの所がオートモードです。

カチカチとモードダイヤルを変更すれば設定完了。

ダイヤルを回す音がこれまた良い音なんです。

 

AUTOモードで撮影

暗いとフラッシュが自動的にたかれます。

黒の腕時計をカメラのフラッシュを使って撮影

僕はこういうフラッシュの入り方をした写真があまり好きじゃないんです。

 

AUTOモードでもフラッシュをたかないようにする方法

撮影時に内臓フラッシュカバーが開かれるたびに内蔵フラッシュカバーを手で閉じればフラッシュはたかれません。

だけど撮るたびに開いたカバーを閉じないといけないので面倒です。

そんなときに使うのが発光禁止オートモードです。

 

モードダイヤルを発光禁止オートに

nikond3100モードダイヤルの発光禁止autoに合わせたもの

ニコンD3100では先ほどのAUTOモードのすぐ下にある円の中に矢印が入っている所が発光禁止モードです。

モードダイヤルを回して設定完了。

 

発光禁止モードで撮影

発光禁止オートで撮影された黒の腕時計

さきほどのフラッシュ有の時と同じ位置で数秒後に撮影したものです。

フラッシュもたかれずさきほどよりは僕好みの写真になりました。

時計の影が目立って自然の光を感じることが出来ます。

海外で旅していた時もAUTOモードにしていると頻繁にフラッシュがたかれるようなこともあったので基本的には発光禁止モードで撮影していました。

スリ等が多い場所では考えずにさっと撮りたかったのでとても役に立った機能です。

 

フラッシュ有りと無しを比べてみる

フラッシュがある時とない時でどれほど違いがあるのかを先ほどよりも暗くして試してみました。

 

フラッシュ有り

フラッシュを使って撮影した黒の腕時計。明るく写る

 

フラッシュ無し

フラッシュを使わずに撮影をした黒の腕時計。暗めに写る

フラッシュ有りの方は適正露出にもっていったという感じがするのですが フラッシュ無しの方はほぼ目で見たまんまの暗さを出してもらえました。

全然違いますね。

 

オートとフラッシュモードの不便なところ

簡単に撮影は出来るけど細かい設定は出来ないなってAモード等を勉強してきて思いました。

主に設定できないのがこの3つです。

  1. 露出
  2. ホワイトバランス
  3. ISO

ホワイトバランスとISOについてはこの記事を書いている時点ではブログにはまだ書いていないのでまた後程紹介させて頂きますが、どちらも設定することによって結構写真が変わる重要な機能です。

その上オートモードだったら暗い場所ではパカパカとフラッシュカバーが撮影時に開かれる。

カメラの機能の使い方を学べば学ぶほどイメージするような写真を撮りたくなるのであまり設定が出来ないのは楽でもありますがこだわって写真を撮りたい方には不便でもありますね。

 

オートと発光禁止モードまとめ

全てをカメラにまかせて楽に撮ることが出来る機能。

僕も旅中にずっと使っていて初心者にはとても助かるモードですね。

これからは考えて撮影することに疲れたりした時に使おうとおもいます。

それでは今日も楽しいカメラライフを。