旅と写真を楽しむブログ

世界一周21カ国 カメラの使い方 画像編集 人生

ISO感度を調整して暗い場所にある被写体の撮影に挑戦

(夜とか暗い場所の撮影って手ブレもするし設定も今いち分からないなぁ。)

今回勉強したISO感度を知るまではそう思っていた当ブログ著者です。

ISO感度は数値をを上げれば上げるほどカメラが光に対して敏感になってくれて暗い場所でも明るく撮影できるようになる機能。

とっても重要な知識。

暗い場所は絞りを開いてシャッタースピードを遅くして取ろうと思っていた著者ですが、ISO感度を上げれば光の少ない場所も速いシャッタースピードと絞った絞りで撮影することが出来るようになる。

ただしISO感度を上げるデメリットもあるので学んだことを実践しながらお伝えしていこうと思います。

※使用機材はニコンD3100
※写真はサイズ変更のみで加工はしておりません

ISOをどう読むのか

アイエスオー感度と読むのかな~って思ってたのですが先日参加してきたニコンファンミーティングの写真家さんがイソ感度とおっしゃられていました。

他にもアイソと読む読み方もあり僕は響きも読みやすさも丁度いいアイソと読むことにしました。

イソ感度と読まれる方が多いみたいです。

 

ISO感度を調整して闇に光を

お手持ちの一眼レフによって設定できるISOの数値が違うと思うのですが僕が持っているD3100はISO100からISO12800の範囲で設定が出来ます。

数値が高くなればなるほど暗闇に光が集まって手ブレを起こさずに撮影をすることが出来ます。

ISO感度の数値別の特徴もまとめておきます。

100から400が明るい場所での撮影向きではっきりとした写真を撮ることができる。
400から3200で周囲の明るさが少し足りないところの撮影の目安に。
3200からは暗い場所に向いている。

オートでとり続けていたので夜に写真を撮るときに手で持ってうまくとれたときはISO感度をとても高くカメラが設定したときだったんでしょうね。

な~んにも考えずに夜の景色を写真に収めていました。

 

ノイズが発生する

ISOを高感度にすることで光のないところに光を無理矢理集めるのですからやはりデメリットはあります。

高い感度になればなるほどノイズという写真上でザラザラしたものが出現。画像が粗くなるとも言うのですが言葉だけでなく実際に写真を撮ってノイズというものを確認してみました。

 

f4.2 15秒 ISO12800 露出補正+5

真っ暗闇の中にいるペンギンのフィギュアを撮影したもの。

Aモードで撮影をしていたのですが露出補正を+5にして上記のようなざらついた写真をとれました。

確かにザラザラした粗い感じが凄い。

何だか夜に誰もお客さんが入っていない水族館で眠るペンギンを表現できた感じ。 

ノイズをうまく使えばおもしろいことがもっと出来るようになって楽しいと思う。

 

ISOを変えるとA、S、Pモードのシャッタースピードや絞りも変わる

Aモードではシャッタースピードを、Sモードでは絞りを、Pモードではシャッタースピードと絞りを同時に変えてくれるのだけどISO感度を変えることによっても光の吸収をコントロールしたら自動的に変わる部分は変わります。

 

以下に貼り付けてある3枚の写真はAモードでISOのみを変えていったのですが、シャッタースピードが適正露出となるように自動的に変わりました。

 

f4.2 1/6秒 ISO100

 

f4.2 1/160秒 ISO3200

 

f4.2 1/640秒 ISO12800

シャッタースピードが変わっても適正露出は変わらずに保ってくれていますね。

カメラってすごい。

前回学んだ露出補正をすることによってもA,S、Pモードでシャッタースピードや絞り値は自動で変わったのに今回のISO感度でも自動的に変わる。

露出補正とISO感度の2つを合わせて明暗を調整できるのだけどそうなると組み合わせはすごい多いね。

露出補正値はマイナス1でISO感度は400でシャッタースピードはこれぐらいにして絞りは。。。等、色んな設定が出来るようになりました。

 

マニュアルモードがさらに楽しく

シャッタースピードと絞りを調整することによって露出を調整出来るようになっていたのですが、ここにISO感度と露出補正が加わってさらに細かい露出の調整が出来るようになった著者。

色んな状況で試して、この状況はこの設定でやってみようって頭で思い浮かんでイメージしたとおりの写真が撮れるようになるのを目指そう。

さっと思い描く写真を撮れる風景写真家に憧れるしかっこいいなぁ。

この状況はこうっていう写真の決まりみたいなのはあるけど決めつけて終わりたくないし色んな可能性を試していこう。

それでは今日も楽しいカメラライフを。