旅と写真を楽しむブログ

世界一周21カ国 カメラの使い方 画像編集 人生

ニコン一眼レフのマニュアルモード(Mモード)で自由に表現をする

nikond3100のモードダイヤル

これまでAモード、Sモード、Pモードを学んで来たのですが今回はマニュアルモード(Mモード)の勉強です。

マニュアルモードは絞り値もシャッタースピードも全て自分で決めることが出来るモードで自由な表現が出来る機能。

自分が頭の中でイメージした写真を撮るためには必ず知ってく必要があります。

※使用機材はニコンD3100

モードダイヤルをMに

nikond3100のモードダイヤルでMを強調

モードダイヤルをMにすればマニュアルモードに。

全てを自分で決める事ができるのでドキドキワクワクです。

正解のない写真の世界にようこそって感じ。

 

f値の変更場所

nikond3100のMモードでf値を変える場所

ニコンD3100の場合、f値は画像真ん中付近にあるプラスとマイナスがついているところを押しながらモードダイヤル右下あたりにあるコマンドダイヤル(くるくるまわせるところ)を回すとf値を変える事ができます。

それでは実践です。

 

マニュアルで3枚ほど試してみました

まずはマニュアルモードの適正露出で撮れるかにトライ。

 

適正露出での撮影

適切な明るさで写った腕時計

露出インジケーターを見ながらf値とシャッタースピードを見て明るさがちょうどよくなるように調整しました。

マニュアルを恐れていたところがあって触っていなかったけど勉強して挑戦してみたら出来るもんですね。

余談ですがこの写真を撮っていた時刻がバレバレです。 笑

 

あえて暗く撮影

暗く写った腕時計

うん。

イメージ通り。

白い時計なので暗くすることによって白さが目立つのではないかと思ってやってみました。

重苦しさを白さが少し和らげている印象。

黒い時計だったなら暗い雰囲気のみを表現できたと思います。

 

最後はピンボケで

ピンボケで写った腕時計

ピンボケしている写真が駄目と言われることが多いけど、別にピンボケしていてもいいんじゃないかなと思って撮影。

この写真1枚だけを見た人は時計かな?という疑問から入って見るんじゃないかなと思って撮影。もしかしたら時計の形をした他の何かかもしれないと考える人もいるかもしれない。

あえてピンボケによって全体をぼや~っとさせるのも楽しいと思う。

 

マニュアルモードのまとめ

正直、マニュアルモードを学ぶまではオートでしか写真を撮っていませんでしたが、今はマニュアルの魅力に取りつかれています。

今後は人気のいない所で三脚を立てても迷惑がかからない状況であればゆっくりと僕自身の思い描く写真をマニュアルで撮影をしよう。

学んでカメラの世界がひろがっていく。

それでは今日も楽しいカメラライフを。