旅と写真を楽しむブログ

淡江大学のプログラムICLP7が終わってからのアパート探しを開始【台湾ワーキングホリデー日記 31日目】

2018年8月4日(土)朝。8時半に起床。

今いる淡江大学の寮を2018年8月18日に出ないといけないので今日から家探しを始めることにしました。

他にも日記をかねています。

あぁ。不安。

朝のご飯はチョコのパンと紅茶。

部屋のドアを開けて外に出るとご飯が置かれてる。

食べ物は苦手なもの以外はそれほど気にしないのでなんでも美味しいと思って食べてます。

天気

体感温度40度って 。。。

湿度も高いから物凄く疲労感が押し寄せてきますね。

すぐに汗をかいて長ズボンはしっとりする感じです。

仲間も少ない

ICLP7の土日は仲間は寮にあまりいないです。

外泊したりしています。

僕はドミトリーで静かなひと時を楽しんだり、シャワー浴びたり、写真の編集、勉強などを楽しんでいます。

とても騒がしくて激動の日々なので1人になりたい時があります。

さぁ。家を探そう

8月4日からちょうど2週間後の8月18日に家を出ないといけません。

僕が利用しているDEOW台湾留学エージェントにもらった1枚の紙を頼りに家を探し始めます。

家をさっそく見つけた

淡水駅の近く物件を見つけて、僕が参加している プログラムICLP7のカウンセラー(サポートしてくれる人)に電話をしてもらいました。

今日の16時半に物件を見に行くことになり、それまでの時間で物件に関する質問を作成することにしました。

物件を見に行くと全然違う

駅からは近いけど・・・。

物凄く怪しい雰囲気の路地にある。

友達とかは呼べそうにない雰囲気。

綺麗な風景が見れると物件の写真で紹介されていたが全然見えない。

湿気すごい。

廊下が狭く1人通るのが限界。

オーナーが何となく怪しい。

基本的には英語で会話

中国語がまだまだなので英語で色々な質問をしました。とは言っても上のような状態だったので用意した質問もほとんどせずに断って帰りました。

カウンセラーの救いの手

はぁ。

大学の寮に戻って思わずため息をつきました。

先程見に行った物件はダメだったとカウンセラーに言うと「私もあなたのために物件を探すよ」と言ってもらえてインターネットで早速探してもらえました。

その物件がこちら。

(めっちゃいい〜^〜^)

次の日の朝10時に内見の予約をしてもらいました。

場所は今住んでいるところから歩いて10分から15分くらい。

引っ越しもしやすくて最高です。

内見の前に待ち合わせ場所を下見

次の日に迷子になって遅刻をしないように下見に行きました。

この日はこれで寝ましたね。

まとめ

次の日にどうなったのかお楽しみに。

上の写真は淡水駅というところの周辺です。