旅と写真を楽しむブログ

ニコンのプログラムオートでf値とシャッタースピードが変わらない時の解決方法

プログラムオートでf値とシャッタースピードが変わらない時の解決方法と書いた写真

一定の露出を保ったまま撮影ができるプログラムオート(撮影モードP)機能。

(あれ?故障かな?なんでだろ?)

カメラのダイヤルを回せばf値とシャッタースピードの組み合わせを変えることが出来るはずなのに変わらないという問題に直面したことはないでしょうか?

説明書を読んでも分からなかったのですが色々と試して解決方法が分かったのでこちらの記事にまとめさせて頂きました。

ここでは一眼レフのNikon D3100、ミラーレス一眼レフのNikon 1 J5を使って解説していきます。

レンズキャップを外す

nikond3100とnikon1j5のレンズについていたレンズキャップを並べている

レンズキャップをまず外します

つけっぱなしだと真っ暗で何も写らないですからね。 

ダイヤルを回し過ぎて設定を変更できない

プログラムオートでf値とシャッタースピードを変更できない理由はそれぞれのカメラで特にf値が少ない方にダイヤルを回し過ぎていることだと分かりました。

どのように回し過ぎているか、どちらに回せばいいのかをf値で判断しながら解決していきます。

Nikon D3100でコマンドダイヤルを回し過ぎて設定が変わらない

nikond3100のコマンドダイヤル

Nikon D3100のコマンドダイヤル

f値とシャッタースピードの設定が変わらない時の解決方法は以下の3点です。

nikond3100のプログラムオートでf値が最小の時にはコマンドダイヤルを左に回すと説明

f値が最小の時に設定が変わらない場合はダイヤルを左に回す

nikond3100のプログラムオートでf値が最大の時にはコマンドダイヤルを右に回すと説明

f値が最大の時に設定が変わらない場合はダイヤルを右に回す

回しても変わらない場合は何度も何度もダイヤルを回してみることで解決できます。

Nikon 1 J5でコマンドダイヤルを回し過ぎて設定が変わらない

nikon1j5のコマンドダイヤル

Nikon 1 J5のコマンドダイヤル

さきほどのNikon D3100の例と同じです。

nikon1j5のプログラムオートでf値が最小の時はコマンドダイヤルを右に回すと説明

f値が最小の時で設定が変わらない時はダイヤルを左に回す

nikon1j5のプログラムオートでf値が最大の時はコマンドダイヤルを左に回すと説明

f値が最大の時で設定が変わらない時はダイヤルを右に回す

設定が変わらないなって時はたくさん回します。

まとめ

初心者の時に(あれ?プログラムオートで設定が変わらないぞ?)ってなってダイヤルを回し過ぎて訳が分からなくなってもうAUTOでいいやってなっちゃうんですよね。僕がそうでした。

プログラムオートで設定が変わらないなって時に大切なのは以下の3点。

  1. f値が少ない時にダイヤルを回してもシャッタースピードとf値が変わらないなって時はf値が大きくなる方にダイヤルを回す
  2. f値が大きい時にダイヤルを回してもシャッタースピードとf値が変わらないなって時はf値が小さくなる方にダイヤルを回す
  3. 少し回して変わらないならたくさん回してみる

ちなみにプログラムオートでf値とシャッタースピードを変えることをプログラムシフトと言います。

露出を一定にしたまま撮影が可能なプログラムオートを使いこなして写真をさらに楽しみましょう~。

旅と写真が大好き「わたたく」こと渡 琢矢が解説させて頂きました。

関連記事

www.shashintanoshimu.com