旅と写真を楽しむブログ

世界一周21カ国 カメラの使い方 画像編集 人生

とんでもなく体が硬い男子がベターッと開脚測定シートで本当に開脚できるようになるのか挑戦する

ベターッと開脚シートを持つ筆者

ケガの防止、疲労回復、肩こりの軽減など。体を柔らかくすることによってたくさんのメリットがあると以前から知っていたけど思うだけで行動していませんでした。

ブログで収益を得ながら旅を続けるトラベルブロガーを目指している僕にとって体の柔軟性はとっても重要でやっていきたいなぁ~と思っていた時に見つけてしまったんです。開脚の女王Eikoさんプロデュースのベターッと開脚測定シートという本を。

ベターッと開脚測定シートの内容と付属品

  • 開脚できるようになるための3つのストレッチを写真と解説つきで
  • 首、肩、背中、腰、足首、手首の全身軟体化プログラム6種類のストレッチを写真と解説つきで
  • 体験者の声
  • 開脚の女王Eikoさんへの質問
  • 開脚3点セットと使い方

各ストレッチの解説は開脚初心者である僕にとっても分かりやすいです。体験者の声の部分は使用者の喜びや改善の声、Eikoさんへの質問のページでは開脚ストレッチを1日にどれくらいやった方がいいのか等の7つの質問にお答えいただいています。

付属の3種の神器でやる気をアップ

1 開脚測定シート

縦1.5メートル、横1メートルの開脚測定シートはどれくらい柔らかくなったのかが目に見えるようになって成長過程が見えるようになるからいいですね。折りたたみもしやすいので持ち運びも楽ですよ。

 

2 開脚シール

赤と青のシールを開脚測定シートに張ることによってどれほど柔らかくなったのかが目に見えるようになります。成長していることが見て分かると嬉しですもんね。

 

3 開脚日記

合計6週42日分の日記が付属しています。

4週目までは本の内容に書いてある開脚ストレッチの内容。残りの2週分はコピーして使用ですね。

僕は柔らかくなるまでと~っても時間がかかりそうなので何枚もコピーが必要になる予感がしております。

 

いざ開脚の旅へ

 開脚測定シートを敷いて今の自分がどれくらいの柔らかさなのかをチェック。

 

筆者、今の開脚レベルを測る

開脚90度

 

90度でした。とっても硬いですね・・・。頑張れば100度いくかいかんかくらい。

 

僕は90度、女王は160度

 

女王さんは160度。ほぼ180度の真横に足が開いている状態です。もう女王でなくて神。開脚の女神さまでいいんじゃないだろうか。

 

筆者、今の前屈レベルを測る

前屈70センチ

 

70センチ・・・。カメラのセルフタイマーの10秒の間に静止しているのがきつすぎて汗ばむ筆者。ぜぇぜぇはぁはぁ言いながら撮り直しを何度もしたので大変だった。

 

女王さんは122センチです。

僕は70センチ、女王は122センチ

 

前屈でき過ぎてて言葉なくしますわ。

 

自分の体の硬さを数値で知った筆者の心境

開脚ストレッチに疲れ果てる筆者

 絶望。ただ測っただけだというのに疲労困憊で喉もカラカラ。

初日の開脚ストレッチは測るだけで終わることにしました。 

 

開脚の王を目指す

旅をするなら絶対に柔軟性は重要。山に登って写真を撮ったりもするからね。

ほんまに硬くても継続してたらこんなに柔らかくなるんですよってことをブログでお伝えしよう。開脚は1日にしてならずとEikoさんもおっしゃられているので地道に続けて柔らかくしていきます。

体を柔らかくしようと思ってる方は一緒にやわらかくなっていきましょう~。