旅と写真を楽しむブログ

世界一周21カ国 カメラの使い方 画像編集 人生

思い出にすがる僕。日本へ帰国

アイスランドで見た羊
ciee国際ボランティアプロジェクト第11話。

前回、友との別れ。涙の数だけ人は強くなれる。 - 旅と写真を楽しむブログのあらすじ。

観光へ行くためにプログラム終了前に立ち去った仲間たち。

今回は自分の意見を言うようになり、僕は思い出にすがりながらも日本に帰国します。

レンタカーを借りよう

2016年8月30日。

フランス人Rくんの提案で僕たちもレンタカーを借りて、観光をしながら先に発った彼等に追いつこうという話があがる。

 

R君と僕以外の日本人3人は仲が良くその気になっていたが天候も凄く悪かったし、急いで行って事故など起こされたらたまったもんじゃないので反対。

 

皆でお金を出し合って行くつもりだったんだろう。

僕が反対しているから行けないみたいで「なんでだよ!!」ときつく言われた。

 

仲間との別れによってただでさえ悲しい空気が流れていた滞在先に気まずさも感じることに。

 

(あとから迎えに来る車で帰りたいしそんなに行きたいなら置いて行けばいいのになぁ。どにかく自分の考えを言うことができたぞ・・・。)

 

ただ周りに流されて生きてきた僕には大きな1歩。

 

お昼すぎには残ったメンバー皆で出かけて行ったが僕はついて行かずに1人でインターネットカフェで日本の友人に連絡をとることにし、その後はプールで思い出にふけっていた。

 

生魚

アイスランドで釣った魚

「タクヤの釣った魚大きいなぁ。いいなぁ。」

 

とある魚釣りに出かけた休日、それぞれが釣った魚を食べることに。

 

夕食の料理当番はイギリス人のCくんだった日。

料理がとても苦手と言いながら一生懸命作る彼。

 

おっ!!これタクヤが釣った魚だろう?大きいもん。俺の席の前にあるから俺のもんだ。」

 

「別にいいよ。笑」

 

「よーし。じゃあ食べるか。」

 

(ん?)

 

いざ食べてみると僕たちの魚はちゃんと焼けていなくてほとんど生だった。

 

「おい。タクヤやっぱり俺の魚と交換してくれないか?」

「交換しても同じだよ。」

「タクヤの魚も?」

「うん。」

 

ひそひそと会話する僕たちを一生懸命料理していたCくんが不安げな表情で見ていた。

 

作ったものを無駄には出来ない。

僕たち二人は涙を流しながらも気合をいれて食べ続けた。

限界が近づくころ。

味をごまかすために僕たち二人の魚はケチャップで真っ赤に染まっていた。

 

CくんとMちゃんの優しさ

雨が続きボランティアの仕事も中断。

何もする気が起こらず、ずっと寝ていて起きると僕らの後から仕事をするメンバーがたくさん到着してご飯を食べている。

 

「タクヤご飯は?」

「ごめん。食べる気になれない。」

 

そんな僕を心配してフランスのCくんとMちゃんが持ってきたビスケット。

 

「レンタカーの件で断ったの気にするなよ。良い選択をしたと思ってるよ。」

 

意見をして気まずくなっていたけど彼ら二人は味方でいてくれた。

 

気遣ってくれる優しさに溢れ出る涙。

僕は泣いてばかりだ。

 

帰路。首都レイキャビクへ

アイスランドの氷

2016年8月31日。

 

残ったメンバー全員で来たときと同じように車で空港へ。

 

来た時のようにお腹が痛くならないことを願いながらも途中で観光をしながら帰りました。

アイスランドらしい景色の所に立ち寄った時、1人で歩いていたら日本人観光客の40代くらいの女性に話しかけられ「何かの縁だね」ということで連絡先を交換。

 

無事にレイキャビクにたどり着いて就寝。

 

(もう終わりか。早かったなぁ。)

 

充実していればいるほど時が過ぎるのは早い。

 

日本へ

2008年9月1日。

別のプログラムに参加するために早くに去ったYくんに会うことが出来て僕はとても元気に。

最後に会えて良かった。

少し良いことがあるとすぐに元気が出る僕。

 

「良いギターだなぁこれ。」

 

ギターの裏に彼からメッセージを書いてもらって握手を交わして写真を撮って握手。

 

「また会おうな。」

 

手を大きく振って別れたあとに空港へ向かい飛行機へ搭乗。

 

初めての海外はこうして幕を閉じ、CIEE国際ボランティアプロジェクトから多くを経験させてもらえました。

 

(もっと英語を話せるようになりたい。)

 

話せなくてもどかしい思いをすることが多かったのでその悔しさをバネに苦手な勉強に取り組もうと決意。

 

いつかまたアイスランドの友と出会うため。

これから出会う友のため。

 

ドイツへと新たな一歩を踏み出し始めます。

 

次の話はこちら。

悔しい思いをすればするほど人は頑張れる - 旅と写真を楽しむブログ