旅と写真を楽しむブログ

クリスマスムードでいっぱいの夜のサンタクロースビレッジを写真でご紹介

夜のサンタクロース村で青く光る北極線

どうも~旅と写真が大好き「わたたく」こと渡琢矢です。

本日、皆さまにお届けさせて頂く旅はフィンランドのロバニエミにある夜のサンタクロース村。

写真真ん中付近を青く輝きながら伸びている線は北極線で北極圏にも行けちゃう場所なんですよ。

それではクリスマスムードがいっぱいでとってもロマンチックな雰囲気をお楽しみ下さい。

村の入り口付近

サンタクロース村の入り口付近にある村全体のマップ

村の地図はイラストつきで分かりやすい

サンタクロース村はそれほど大きくないんです。

ですが犬ぞりやトナカイぞり、サンタさんに会えたり場所によって様々な景色を楽しめるので飽きません。

サンタさんに会った記事はこちらです。

>>本物のサンタクロースがくれたプレゼント - 旅と写真を楽しむブログ

クリスマスソングが流れ続けています

村の中へと入っていくとクリスマスソングがずーっと流れています。もうロマンチックすぎてたまりませんでした。

建物の写真6枚

1 広い範囲を撮影

2月だけどクリスマスツリーが8つほどたくさん輝いている夜のサンタクロース村

クリスマスツリーがたくさんライトアップされています

木も光で照らされていますね。

写真の左にはインフォメーションセンターのマーク。この時間は営業してませんが。

2 サンタさんのいる場所

サンタさんに会える場所を横から撮影

今は子供たちにプレゼントを配りに行っているのかな

夜はトナカイに乗って街から街へと忙しなく飛び回っているのでしょうね。

ここでずっと待っていたら帰ってくるのを見れるのかも。

3 建物の側面

温かい電気の色が灯る夜のサンタクロース村

温かい光

温かさを感じる光が灯り、流れ続けるクリスマスソングを一緒に口ずさむ。

辺りに人は一切おらず、この景色を独り占め。

ちょっと寂しくて切なくなっちゃいました。

4 気温

お店の正面から撮影。電光掲示板には-4度と表示されている

-4度

様々な景色を見ようと歩き回るのでそれほど寒くないです。むしろ僕は汗をかいていました。

雪や氷の景色が大好きなんです。

5 オシャレなカフェ

外にあるカフェレストラン。雪が積もっていてここでは飲食できそうにない

外にあるので雪が積もっている

日の光があると温かくて飲食できそうですね。

屋根の雪が凄く柔らかそうでモフモフしてそう。

6 建物内部へ通ずる部分

建物内部へと繋がる部分。中は温かそうだが夜のため人は1人もいない

青い光は夜ならでは見れるもの

夜の写真もいいですよね。

撮影は難しいのですが昼とは全く違った景色を見ることが出来ます。

北極線

青い線が北極線を示しています。

どちら側に行けば北極圏になるのかは訪れたのがかなり前なので忘れてしまったのですが北極圏に行けます。

縦で撮影するとこんな感じ

北極線がどこから伸びているのかを撮影

青く輝く線が出ている所

壁に小さな穴があいているのかな?

お昼は光っていないのですが線が見えますよ。知らないと周りに夢中になって線があることに気づかない。

大きな雪だるまくん

雪だるまを正面から撮影

大きいね

マフラーを身につけていますね。

何とも言えない表情をしているところもまた面白いです。

サンタのいる場所と雪だるまくん

サンタがいる所と雪だるまを正面から撮影

正面から撮影

プレゼントを渡し終えたサンタさんを待っているのでしょうか。

雪だるまくんが見ている方向から帰ってくるのかもしれませんね。

まとめ

雪だるまとサンタさんがいるところを別のアングルで撮影

夜のサンタクロース村をお楽しみ頂けましたでしょうか?

僕が行ったのは2012年の2月であまりの美しさに是非ともまた訪れたい場所の1つ。

ご家族や愛する人と一緒に行けばずっと思い出に残る旅行になります。

それでは今日も良い1日を。