旅と写真を楽しむブログ

世界一周21カ国 カメラの使い方 画像編集 人生

Nikon 1 J5は機械モノが苦手でも簡単に撮影できます

nikon1j5を机の上に置いて正面から撮影

どうも旅と写真が大好きな「わたたく」こと渡琢矢です。

この記事は「カメラ始めたいけど難しそう。」や「機械が苦手だし操作出来なさそう。」など、興味はあるけれど一眼レフという言葉を聞いて難しいというイメージが浮かんでしまう方のために書いています。

実際に僕が使っているNikon 1 J5というミラーレス一眼レフカメラの撮影するまでの手順を写真を通してご紹介。

「えっ?こんな少ない操作で撮れるのですか?」というくらいさっと撮影することが出来るので難しいというイメージをまずはとってもらえると嬉しいです。

撮影までに必要な操作はたった4つ 

機械モノが苦手な人にとってはたくさんのボタンがついていて「うぅ・・・。」ってなるかも知れないですがnikon 1 J5は大丈夫。

カバーを外してくるっと回して電源入れたら後はちょんちょんって押すだけです。

 

1 レンズについてるカバーを外します

nikon1j5とレンズから外されているカバー

レンズについてるカバーを外すだけ。ついたままでは真っ暗で何も写りません。

 

外し方

つまむ部分が上下にある場合のレンズカバーが外し方

写真矢印の部分をつまんで外す

カバーにはつまむ部分があり、僕は右手の親指と人差し指を使って外しています。

 

カバーの向きが違う場合もよくあります

つまむ部分が左右にある場合のレンズカバーの外し方

同じく親指と人差し指でつまんで外す

 

レンズによってはカバーがついていない 

カバーがついていないレンズ

電源入れたら自動でカバーが開くタイプのレンズ

カバーがついていないレンズの場合はこの部分の作業はいらないです。

次に進みましょう。

 

2 自動でいい感じの写真にしてくれる機能に設定

nikon1j5のオートモードの部分を示している

緑のカメラマークを白い棒の横に持ってくる

丸い部分の1番左側。

右回りでも左回りでもいいので回して緑のカメラマークに合わせましょう。少し固めで僕は右手親指で回しています。

そうするとカメラが自動でいい感じにしてくれる設定に。カメラ用語でオートモードと呼ばれています。

 

3 電源をいれます

nikon1j5の電源がどこにあるのかを示している

カメラ本体の上に3つの丸い部分の真ん中。出っ張っている箇所を人指し指で下にひいて離します。

ぎゅーっと力をいれずに軽~くでOK♪

画面が写って撮影の準備は完了です。

 

4 軽く押し、押し込むだけで撮影完了

nikon1j5のシャッターボタンを示している

軽く押して指をそのまま残しておく、ピピッと鳴ったらさらに軽く押し込む。押し込むといってもまったく力はいらないですよ~。

音は故障ではなく、カメラが撮りたいものをはっきりと写るように合わせ終わりましたよ~って合図です。

軽く押した状態で音が鳴ったら押し込む。

それで撮影が完了します。

 

お店で触って見たくなった時の参考に

たった4つの操作で写真を撮ることが出来て「意外と簡単なんだ。ちょっとお店で触ってみようかなぁ。」って思ってもらった時の参考にしてもらいたいのですが・・・。

Nikon 1 J5は小さくてたくさんの機能があるので大人気。

2017年10月頃に家電量販店で触った時、お店に置いてあるサンプルがたくさんの人に触れられて電源が入らなかったりの不具合を起こしている時もありました。

そんな時は店員さんに声をかけてちゃんとしたものを触らせてもらえないか声をかけて見て下さいね。

色は黒とシルバーがあります。

 

慣れるとすぐに撮れます

小さいカメラなので持ち運びもしやすく、撮るまでも難しくないので機械モノが苦手でも大丈夫ですよ。

Nikon 1 J5関連の記事の更新を続けていくので良かったらまたこの「旅と写真を楽しむブログ」にいらして下さいね。

一緒にカメラを楽しめる人が増えたらいいな♪

それでは今日もよいカメラライフを。