旅と写真を楽しむブログ

Nikon 1 J5のおすすめボディーケースを写真つきで詳しくご紹介

Nikon1J5のボディーケースセットを並べている

僕が1番使っている大好きなミラーレス一眼レフカメラ「Nikon 1 J5」につけているボディーケースについて装着方法やうーんって思ったところ、良いところなどを書いています。

かなり細かいところまで伝わりやすいように記事にさせて頂きましたので良かったら参考にして下さい。

関連記事

www.shashintanoshimu.com

www.shashintanoshimu.com

www.shashintanoshimu.com

Nikonさん純正のケースを購入

ボディーケースCB-N220SAの箱ごと撮影ボディーケースCB‐N220SA

購入したのはこちらの商品。

開封しても新品特有のにおいはせず、近くでかいでも皮の香りが少しするくらいです。

やっぱり同じメーカーさんの方が安心です

ボディーケースを装着していく


底につけるケースとJ5向きを合わせてつけていく

回すだけなのでとっても簡単

ねじ回しの部分を出せて回しやすいカメラをひっくり返して作業

くるくるとネジを回すようにつけていく所が持ちあがって回しやすいです。

部分的にご紹介

バッテリー部分

バッテリー部分いNikonの文字が彫られている文字が彫られている

写真では伝わりにくいのですが彫られたNikonの「N」の文字の上あたりは少し段差があって指をかけてあけやすくなっています。

バッテリー部分を開いているバッテリーを開くとこんな感じ

ケースのカバーとカメラ側のカバーで2段階で開きます。

三脚の部分

三脚につけるためパーツを装着三脚にとりつける部品もそのままつけれました

三脚に取りつけている三脚に取り付けてみました

グリップに文字

グリップの部分にNの文字が彫られているNikonのN

―細かいところの装飾もNikon好きにはたまらない

カメラ全体を覆うケースをつけていく

J5のパンフレットに装着できるレンズについて書かれている装着可能なレンズは2つとJ5のパンフレットにも書いてある

つけているレンズによっては外側を覆うケースが閉まらずにつけれない場合があるのでご注意ください。

この項目では下記の僕が所有しているJ5につけれるレンズ全てで試しています。

 

  • 1 Nikkor VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD zoom
  • 1 Nikkor 18.5mm f/1.8
  • 1 Nikkor VR 6.7mm-13mm f/3.5mm-5.6
  • 1 Nikkor VR 30-110mm f/3.8-5.6

10-30mmと18.5mmは外側のケースを装着できる

1 nikkor 10-30mmと18.5mm小さいレンズなので問題なくつけれる

ボタンで止めるだけの簡単作業

バディ全体をとりつけるためにどこでボタンをとめるのかを示している向きを合わせて矢印の部分のボタンに合わせてとめるだけ

ボディーケースにおさめた写真出来上がり

おおっ!!かっこいい!!

いつもと違うお気に入りのカメラに思わず笑顔に。

液晶部分もカバーされる

液晶の箇所もカバーで保護されているパカパカと開くことは出来ない

液晶が覆われるのは助かりますね。

皮の感じを写真で皮の感じ

きめ細かいっていうのかな?

6.7mm-13mmと30-110mmの場合は外側のケースを装着できない

1 nikkor 6.7mm-13mmと30mm-110mmを並べて

残念ながらこの2つのレンズは大きいために外側のケースをつけることが出来ませんでした。

どのような状況になるのか以下の写真でご確認して見てください。

ボタンまで届かない

6.7mm-13では収納するケースのボタンに届かないこと6.7mm-13mm

30-110mmでは収納するケースのボタンに届かないこと30mm-110mm

大きいレンズのケース装着はあきらめるしかないなぁ。

付属のストラップをつけていく

付属のストラップストラップにもNikonという文字が彫られている

ケースにもつけ方を書いていますがせっかくなのでここでご紹介していきます。(全部で5ステップ)

最初は慣れないですがゆっくりやってみて下さいね。

1 大きく広げる

J5と付属のカメラストラップを広げておいてある

2 三角の部分の下から通す

ストラップをJ5の三角の部分の下から通すこと

補足 先に両方通した方がはやくてキレイ

ストラップを先に両側に通して置くと楽

先に両方通して置くと最終的に長さも揃えやすくて楽です。

3 小さな部分に通す

小さめのところに通す

4 大きめの部分の近くから遠くへ通す

アジャスターのところの近いところから遠いところに通す①から②の順番で

5 引っ張ってたるみをとって完成

引っ張ってストラップが完成

完成イメージ

達成感がありますよ~。

外側のケースと一緒につけれます

ストラップをつけた状態でボディーケースをつけても大丈夫

ストラップの部分は出るようになっているので大丈夫。

首からさげてみます

実際に下げた感じの参考にどうぞ。

ケースをつけた状態で首からさげている

斜め掛け

斜め掛けでさげている

斜め掛け後ろ

斜め掛けの状態で後ろに下げている

カメラ自体も軽いのでそれほど重みは感じません。

疑問 外側のケースをつけたまま撮影出来る?

ケースをつけたままで撮れるのかどうか

左手でケースを支えながら撮影すると出来ますが・・・。支えがないとぶらぶらします。

良かったところ

チルト画面を上げるところにくぼみがある真ん中にくぼみがあってチルト画面を上げやすいなど良いところたくさん

 

  1. 持ちやすい
  2. 手ブレしにくくなる
  3. シャッター押しやすい
  4. Fnボタンが押しやすい
  5. チルト画面が上げやすい
  6. 手に持った時の冷たさが違う

持ちやすくなることで優しく包みこむように持てます。さらに逃したくない瞬間を撮影中に力が入ってしまうような場面の時、持つ所が厚みをましたことによって「握っている」ことが分かりやすくなって力の入りすぎを防いでくれます。

細かいのですが金属背の部分とカバーの部分で冷たさが違います。寒い中、手がかじかんでいる中で少しでも寒さが軽減されるのはありがたいです。

うーんって思う所

ストラップの出てる部分が気になり、長さの調整がしづらい

ストラップから少しはみ出ている所矢印部分の出ている所が気になる

撮影中に写真の矢印の部分が液晶画面と重なったりする場合があって(う~ん)って気分に。

斜め掛けをしようと長さを調整するのもやりづらい。

なので僕は下記のストラップを使用しています。

J5にピークデザインのリーシュをつけているピークデザインさんの「リーシュ」という名のストラップ

長さの調整もしやすく取り外しも楽。

同じピークデザインさんの他の製品とも一緒に使うことが出来てとってもおすすめのストラップです。

カメラがイヤリングしてるみたいでかわいい。

大きいレンズはカメラを立てると傾く

10-30mm、18.5mmは外側のカバーなしで立てても大丈夫なのですが少し重くて大きいレンズは以下のように傾きます。

6.7mm-13

6.7mm-13をつけた状態で置くと傾く

付属のレンズフードをつければ大丈夫

6.7mm-13にレンズフードをつけると傾かずに立てれる

30-110mm

30-110mmを付けた状態で置くと傾く

同じく付属のレンズフードをつければ大丈夫

30-110mmにレンズフードをつければ傾かずに立てれる

大きめのレンズを持っている場合

 

 

  • フードをつけた状態
  • 液晶画面を下にした状態

そのような形なら安定して保管できます。

バッテリーが取り出しにくい

バッテリーを取り出すところとケースの高さが一緒なので取りづらいこと

バッテリーがケースの高さより低い位置に出てくるので手をかけづらくて取りにくい・・・。

なので少し傾けながら取り出すと楽に。ツメが長い方は問題ないかも。

ー瞬間を逃したくない状況で慌てないようにバッテリーは余裕を持って交換~

購入して大満足。写真撮影がさらに楽しくなりました

う~んって思う所もあるけれどそれ以上に良いところがたくさんあって大満足。

同じ商品のブラウン色は売り切れているのかアマゾンでは見当たりません。黒もなくなってしまう?可能性もあるので気になっている方はお早めにどうぞ。

僕はJ5にボディーケースにつけっぱなしで保管していて見るたびに笑顔になっています。

好きだなぁ。J5。

関連記事

www.shashintanoshimu.com

www.shashintanoshimu.com

www.shashintanoshimu.com