旅と写真を楽しむブログ

写真絵本の「おしり?」をちょっと疲れた時に見たら笑わせてもらえる

オカピのおしり

ふじわらこういちさんの「おしり?」という写真絵本。

図書館で見つけた時に思わず(シマウマのおしりめっちゃセクシーやなぁ。)って1人でニヤニヤしてしまいました。

この絵本には14匹もの動物たちのおしりが登場。

可愛く、セクシーで、時に驚かされる彼らのおしりに癒されます。

ちょっと疲れた時に何度も読み返して笑顔になっている僕。内容の詳しい紹介をさせて頂きます。

僕が撮影した足がシマウマ身体はウマであるオカピという動物のおしりもお楽しみ下さい~。

登場する動物たち

合計24ページあって2ページ目から21ページまでひたすらおしりです。

登場する動物たち14匹を出てくる順番に書いています。

  1. ゾウさん
  2. おサルさん
  3. ヤギさん
  4. シマウマさん
  5. テナガザルさん
  6. クマさん
  7. エミューさん
  8. ヤマアラシさん
  9. トラさん
  10. カンガルーさん
  11. ホッキョクグマさん
  12. アザラシさん
  13. カモさん
  14. ペンギンさん

動物の名前に「さん」がついてちょっとした紹介されているのも癒してくれるんですよね。

アザラシさんとカモさんは一緒のページにいるので見逃さないように注意が必要ですよ~。

僕のお気に入りはまんまるおしりのクマさん

クマの後ろ姿やおしりがとっても丸いなんて知らなくてびっくりもしました。

おしりの持ち主紹介ページ

22ページ~23ページで載っていた動物たちが顔を写した状態で紹介されます。

まず「おしりの もちぬしさん だいしゅうごう」という優しいタイトルにくすっとなります。

さらにサルさん(ニホンザル)がめちゃくちゃカッコ良く写ってることにも笑わせてもらえました。

左手を膝に置き、右手は岩に手をかけて座っているサル。遠くを見ていて(ボスは悩みが尽きないぜ。)と言わんばかりの表情をしているんですよ。

ヤギさんは(ぼくのおしり撮ったのぉ~?いいよぉ~)って感じでトラさんは(俺のしりを撮りやがったな!!)と言いたげにこっちをニラんでいます。

アザラシさんのくりくりでウルウルな目もかわいい♪

撮影していたオカピさんのおしり

オカピのおしりおしりがシマウマ、体がウマのオカピ

イギリスの動物園にいらっちゃったオカピさんのおしりを撮影。

おしりと足がシマウマで身体がウマって凄いですよね。

よく分かるようにオカピさん全身の写真がこちら↓↓

オカピが歩いているところ。片足がかわいく曲がってる片足を上げているのもかわいい

始めて見た時にはびっくりしました。

写真の左側にもう1匹何かを食べてるオカピさんがいらっしゃいます。

珍しいですよね~

絵本の最後には深いテーマ

最後のページに絵本を書いた人の少年時代の可愛らしいおしりと共にこんな一言が。

どうぶつたち みんなが ずっとずっと

あんしんして くらせる

ちきゅうで ありますように

絵本の中の動物たちが撮影されている場所は動物園のような感じがしません。生物フォトジャーナリストの作者さんが自然の中で撮られているように思います。

僕たち人間の利益のために住む場所を奪われて必死に逃げるおしりではなく、ゆっくりと安心しておしりを見せれる環境にしていこうよ。安心して暮らせる平和な世界にしていこうよ。

そういったメッセージを僕は受けとりました。

考えさせられます

まとめ

ひらがなとカタカナだけで書かれている本なのでそこがまた微笑まさせてくれるんです。

良かったらお近くの図書館に行って読んだり借りたりして見て下さいね。

タイトルはおしり?絵本を作った人はふじわらこういちさん。出版社は新日本出版社です。

ふふふ。

動物たちのかわいいおしりに癒されますよ~♪♪