旅と写真を楽しむブログ

かわいさとかっこよさを兼ね備えたpentax k2現る

かわいさとかっこよさを兼ね備えているpentaxk2と書いてある写真

どうも旅と写真が大好き「わたたく」こと渡琢矢です。

最近、断捨離をしている時に突然現れたpentaxのk2というフィルムカメラ。

これがまたかわいさとかっこよさを感じさせてもらえてすぐにお気に入りのカメラとなりました。

ちょっとした情報やいいなと感じた部分をお伝えしていきます。

発売日は 1975年

pentaxk2にハードケースがついた状態

ハードケースに入って出てきました

こちらのブログで確認したところ発売日は1975年。

ameblo.jp

僕は1988年生まれなので13歳年上のカメラです。

ハードケースの正面にasahipentaxと彫られている

ケースもいい味をしています

ストラップは劣化している

ストラップは劣化してしなびている

これはこれで良い味をしているのですが、首からはさげずらいのでストラップは変える必要がでてきますね。

pentax k2本体

pentaxk2を正面から柔らかい雰囲気で撮影

あぁ。いい感じ

傍にあると笑顔になります。今の一眼レフとはまた違った雰囲気ですね。

おしゃれでもあるし優しい感じもある。

レンズ部分がかっこいい

pentaxk2のレンズとダイヤルをななめから撮影

レンズ付近が特に好き

pentaxk2を上から部分的に撮影

たくさん数字がついている

pentaxk2のレンズを背景をボカして優しく表現

数値がどういう意味なのかはこれから調べよう

この数値を調整して様々な写真を撮影すること間違いなしで楽しそう。

上の部分

pentaxk2のフィルムをまくところ、シャッターボタン、シャッタースピード調整ダイヤル

たくさんついている

左から巻き上げレバー、真ん中の小さいのがシャッターボタン、1番右がシャッタースピードだね。

シャッターボタンを何度か押してみたけど柔らかい感じがあります。

フィルムをいれるところ

巻き戻しクランク

フィルムを巻き戻す?のでしょうか。

昔、写るんですというカメラを使ったことがあるけれど使い方をイメージできない。

調べることがたくさんで楽しい。

後ろの部分

pentaxk2の後の部分

ファインダー

ファインダーをのぞいて見たら味のある色で世界が見えました。ハードカバーの香りもほんのりして懐かしさが伝わってきます。

レトロですね。

asahioptco.jpnと彫られている

ASAHI OPT.CO. JAPAN

日本って書いていたらとても安心感がありますよね。

まとめ

k2のロゴ

pentax k2

フィルムでやり直しが出来ないので1枚1枚考えて丁寧に撮るので写真がさらに上手くなりそうです。

コツコツと使い方を調べると同時に使用感や撮影した写真を記事にするのが楽しみですね。

また旅して写真を撮るのが楽しくなっちゃった。

それでは今日もよい1日を。