旅と写真を楽しむブログ

世界一周21カ国 カメラの使い方 画像編集 人生

adobe photoshop ccとlightroomを同時に使って効率よく画像を編集して保存する

photoshopとlightroomの2つを使って効率よく画像を編集すると書いてある羊の写真

どうも「わたたく」こと渡琢矢です。

photoshopで画像に文字を入力して保存する作業をもう少し効率よく出来ないかなと思って勉強して出来るようにしました。具体的な手順は以下の3つの順序。

  1. light roomで写真を開いて画像編集
  2. photoshopを開いてさらに画像編集
  3. photoshopを閉じてlightroomから写真を保存

この作業を覚えたことによって画像編集の効率が上がってブログがますます楽しくなりました。

まずはlightroomの作業から始めます

画像を読み込む

lightroomに羊の写真を読み込んだ画面

lightroomを開いて好きな画像を読み込み。

ここで色などを編集してキレイにし、文字を入力しやすいphotoshopで編集していきます。(lightroomでも文字入力は出来るのですが少し入力しにくいと思うことがあるのでphotoshopを使用)

 

photoshop ccを開くまでの流れ

右クリックして他のツールで編集の部分を矢印で目立たせている

画像を右クリックするとパネルが開き、他のツールで編集を選択。

Adobe Photoshop CC (年号)で写真を編集するをクリック。

 

Lightroom調整でコピーを編集を選ぶ

矢印でlightroom調整でコピーして編集と編集のボタンを目立たせている

上記画像①lightroom調整でコピーを編集を選び、編集をクリック。

これでphotoshop ccが開きます

 

photoshop ccでテキストを入力して保存

フォトショップツールバーのテキストを矢印で強調

画像矢印部分の「T」をクリック。

 

好きな場所に文字を入力

フォトショップでテキストを入力したことを矢印で強調

photoshop ccは画像のクリックした場所から文字を入力できるのでとても便利ですね。

lightroomの方は透かしという機能から文字を入力するのですが、細かい位置の調整がやりにくです。

 

photoshopで保存

photoshopの編集を終えたら画面上部のファイルを選択して保存を選択。

 

photoshop終了

フォトショップの終了方法を矢印で分かりやすく

次にもう1度ファイルをクリックして終了します。

 

レイヤーを破棄してコピーを保存

保存する際の設定を説明

レイヤーを破棄して保存を選択します。

レイヤーが残った状態で保存をすると画像容量が重くなってしまいますから。

 

lightroomから保存して完了

lightroom画面にphotoshopで編集した写真が追加されている

lightroomの画面には先ほどphotoshopで編集した写真が表示されています。

そして保存すればブログや動画作成などで使えるようになりますね。

 

作業効率が上がる

羊とphotoshopで文字を追加しましたと書いてある写真

この記事の説明でもオレンジ色の矢印を画像にたくさん入れているのですが、lightroomと連動させるやり方を知る前は時間がかかりました。

photoshopで編集して名前をつけて保存し、lightroomで読み込んで画像の色合いを整えてからブログで使える用に保存という流れ。

でも今は前より効率よくなりました。

この記事でphotoshopの使い方を学び始めて2回目。

どんどん使いこなせるようになってお読み頂ける皆さまに旅と写真の記事を楽しめるようにしていきます。

それでは今日もよい1日を。