本物のサンタクロースがくれたプレゼント

サンタクロースヴィレッジのサンタと一緒に写る僕。サンタの髭はとても長くてお腹まである

どうも~旅と写真が大好き「わたたく」こと渡 琢矢です。

本日はフィンランドのサンタクロース村に本物のサンタさんに会いに行った時のお話です。

「おお~っ!!こんなことってある?」

会いに行ってちょっとしてから予想だにしていない出来事が起こって喜びました。

サンタクロース村のちょっとした紹介とどんなプレゼントだったのかを書いています。

 1人でサンタクロース村へ

真ん中に雪のつもったかわいらしい家。屋根が三角形

中に人が住んでいるのかなぁ?

雪の景色を見慣れていない僕。

寒さを忘れて景色を堪能していました。

あの家の中には誰か住んでいるのか、それともお店か何かなのか。

トナカイ君

大きなトナカイがこちらを見ている

雪の上に座っているけど寒くないのかなぁ?

雪の上に直に座っているけど大丈夫なんだね。

まだ眠たそうな表情でこちらをみています。

サンタさんがいるところ

サンタクロースがいる建物。大きな雪だるまも隣にある

この大きな建物の中にサンタクロースがいます

サンタクロースがいる建物を拡大して表示

中に入ります

サンタさんに会うまでちょっと歩き、ドキドキワクワクが増していきます。

髭が長すぎるサンタさんと記念撮影

2枚目のサンタクロースと一緒に写る僕

髭がお腹まであるんです

とってもフレンドリーなサンタさん

日本人関係者も多いので若干日本語も話せます。笑

プレゼントは友との出会い

フィンランドのロバニエミ駅近くの風景。雪が積もりとてもきれい

駅の近くの光景もいい

「なんかもう満足したなぁ。」

サンタさんと会ったあと、次の電車まで時間があったのですが体力温存のために駅で旅行記を書きながら待つことにしました。

そこで奇跡的な出来事が起きたのです。

まさかの高校の友達と出会う

僕が乗る電車とは違う電車が到着。

人が降りてくる中・・・

(あれ?どこかで見たことあるような・・・。)

向こうも気づいて目が合う2人。

・・・。

・・・。

・・・。

「ええ~っ!!何してるんっ!!」

「いやいやそっちこそっ!!」

高校時代いつも一緒に帰っていた友達と偶然にもフィンランドで再会。しかも最果ての駅で。もう奇跡としか言いようがない。

互いに1人旅が長くて知ってる人と会えた時の喜びは周りの人も何事かと思うほど凄かったです。

サンタクロース村へ2人で楽しむ

「俺、次の電車までまだ時間があるから一緒にサンタに会いに行こうや。」

「え?サンタに会えるの?行こう行こう!!」

氷のすべり台を滑ってお尻が濡れてしまったり、雪だるまやトナカイを一緒に見て楽しみました。

サンタさんに年齢を聞いた友だち

2人で会ったサンタさん。

「何歳?」

友だちが聞いたら

「400歳」と返答されて笑いました。

立ち去る時には芸能人のdaigoさんの「ウィッシュ」を手でポーズしながら見送ってくれて「誰が教えてん。」と僕たちを楽しませてくれました。

最高のプレゼントでした

サンタクロースヴィレッジのバスが到着するところ

サンタクロース村のバス停

「またどこかで会うかもな。」

「会いそうやな。その時はもうたいして驚かんかも。」

「ははは。そうやな。」

(サンタに2回会ったしもしかしたらもう1回どこかで会えそう・・・。)そんなことを考えながら僕たちは笑顔で別れてそれぞれの旅を始めるのでした。

サンタクロースヴィレッジの横にある森。手前には雪がたくさん積もっている

もらったのはモノではなく。

心に刻まれる一生の思い出になるプレゼント。

「ねぇねぇわたたく。サンタって本当にいると思う?」

「いるよ。」と僕は自信をもって答えることが出来る。

サンタクロースは本当にいて今日も誰かを笑顔にしています。

メリークリスマス。