周りの意見に従うと決断出来なくなるから自分を信じて決める

行く先は自分で決める
他人の意見を意識しすぎて悩んでいれば決断することが出来ずに行動も起こせない。

 

迷っていても時間は過ぎていく。

悩んでいても時間は過ぎていく。 

 

誰だって旅先は自分で決めたい。

自分の人生の行く先も自分で決めたい。

 

自分を信じて決めると前へ進める。

 レール

(国際ボランティアの体験から海外で暮らすことの充実感を知って海外に住みたいなぁ。でも・・・。)

 

ドイツでの国際ボランティアを終えた僕はこれからどうしようかとても悩み始めました。心は卒業したら海外に住みたいと言っているのだけど僕は周りの意見を意識して中々決めれない。

 

相談した友人や知人から大学を卒業してすぐに就職しないとレールを外れた道を歩くことになると言われ、中には一度レールを外れると社会に復帰するのがとても難しいと言う人も。

 

(就職以外にも道はあると思うけど・・・。)

 

心は海外に住んでみたいと強く言っているが周りに意見を聞けば聞くほど不安になって「でも」や「けど」で心が溢れかえる。

 

中々決めれない自分を情けなく思って責めもする。

 

この時期は街並みを感じる事ができずにいつも下を向いて歩いていた。

 

決断

就職しなければどうなるのか。

就職してもやっていけるのか。

そもそも就職出来るのか?

あぁ。どうしよう。

 

・・・。

 

悩むこと3ヶ月。

周りの意見を聞きすぎると頭でばかり考えるようになってしまって本当に何も出来なくなる。

 

(もう決めよう。悩んでても何も始まってない。)

 

やがて動けていない事にもストレスを感じ始めたのでワーキングホリデーという1年間海外で働きながら生活できるプログラムを利用することに決めた。長い悩みから解放されると本当に気持ちよかったです。

 

雪をほとんど見たことがなく、雪に憧れていたのでカナダのトロントという街に住むための準備を始めました。

 

準備

決めてからも周りの意見を意識してしまう僕。

それでも海外に長期間住んでみたい気持ちは揺らがずに早朝にバイトをして昼に大学、夕方過ぎからまたバイトと掛け持ちをして働いた。

 

大変だったけど準備を続けることが出来たので本当に海外に住んでみたいんだなぁ。

 

あの頃は大学を卒業して早く出発したい気持ちでいっぱいでしたね。カレンダーに丸をつけていくのが楽しみで仕方なかったです。

 

まず決める

僕の好きな言葉は「迷うなら決める。決めたら迷うな。」です。

 

何かを始める時に周囲に相談すると返ってくる色々な意見。

インターネットでも調べるとほとんどのことを知ることが出来る。

 

自分の心の声を無視して意見を聞くだけ、ただネットサーフィンをして調べるだけでは悩み続ける日々を送ることに・・・。

 

人の言うことに従ってとった行動で後悔をしても責任はとってくれない。

責任をとってくれるどころか忘れていたりすることもある。

 

こうかなぁ?ではなくこう。

これでいいのかな?ではなくてこれでいい。

 

自分で決める。

自分で決めたら力が湧いてくる。

そして決めた自分を信じて動くだけ。

 

1年間の限られた海外生活の中で出来るだけたくさん経験をしようと決め、大学卒業してすぐに僕はカナダのトロントへと向かった。