旅と写真を楽しむブログ

シャッターの写真を撮っていたら職務質問されました

警察官A「すいませーん。ちょっといいですか?」

温かくなってきた大阪で写真撮影を楽しんでいた僕は職務質問を受けました。

シャッターを撮っていた理由

警察官A「何を撮られてたんです?」

僕「シャッターの模様が良かったので撮ってたんです。」

警察官A「えっ?模様が?」

訳の分からないものを撮影していた僕に驚く警察官A。

とりあえず撮った写真をニコニコしながら見せる僕。

茶色いサビがたくさんあるシャッターこのシャッターに皆さんは何を感じますか?

警察官A「・・・。」

自信満々にシャッターの写真を見せられて明らかに困っている警察官A。

警察官A「な、なんでこれを撮ったの?」

僕「世界地図に見えたからです♪」

頭の上に???が何個も浮かんでいる警察官のためにもう1度見せる僕。

僕「例えばここが大陸でここが海だとしたらという発想なのですが・・・。」

サビで出来た地図

警察官A「あ〜〜〜っ!!なるほどぉ!!」

(分かってくれるんかいっ!!)と心の中でノリツッコミをする僕。

他の写真もバンバン見せました

僕「他の写真も見ますよね〜?」

警察の方の目的は女性を盗撮していないかを確認することであると察した僕はバンバン撮影したものを見せ続けました。

そして他の写真がさらに警察官を困らせることになったのです。

かわいそうな人形

フェンスの下のブロックに挟まっている人形いつからここに置かれているのだろうね

警察官A「こ、これは何?」

僕「道にあった人形です。」

警察官A「・・・。」

洋服かけるやつ

洋服をかけるやつが道に捨てられている洋服をかけたいけどここじゃ無理だね

警察官A「・・・。」

溝とゴミ箱

溝に挟まっているゴミ箱ちょうど溝に挟まったんだね

警察官A「・・・。」

バナナの皮

道に捨てられていた皮だけのバナナこの写真のタイトルはこんな所にそんなバナナ

警察官A「これは?」

僕「バナナです。」

警察官A「あははっ。そのままやんか。これはブログとかSNSに載せんの?」

僕「はい。」

警察官A「タイトルとかってどうするの?」

僕「タイトルは ー道に落ちてたもんー ですね。笑」

フェンスに鍵入れ

フェンスに鍵入れが取り付けられている誰がどういう目的でつけるんだろうね

警察官Aは何も喋らない。

置物の犬たち

置物の3種類の犬。それぞれの表情がかわいい。犬むっちゃ好き

僕「置物の犬です。」

警察官A「いや・・・。うん・・・。」

先ほどの世界観が抜けきっていないみたいでした。

塗料の上に咲く花

塗料のそばで咲く花ペンキのそばで咲いているって凄い

ハート

ハート型の草ハート型の葉っぱ。なんて花なのかな?

まさか警察官の方に最初にハートの写真を見せることになるとは思わなかったです。

お花

地面の近くから写真を撮った紫の花地面の近くから撮る花もキレイ

日の光を浴びるのが好きそうな白い葉をしたお花日の光って最高〜って感じの花

久しぶりに晴れたぜヒャッハーって感じのお花を撮影したんだけど警察官の方にも伝わったかなぁ。

警察官B登場

写真を全て見せ終わった頃に車線変更のために遠回りしてきた警察官Aが乗っていたパトカーが1台到着。もう1人降りて来ました。

「どうしてシャッターの写真を?」と同じことを聞かれて「世界地図に見えまして。今の僕たちが見ている世界地図とは違いますが、本で同じ発想を少し読んだのです。」と見せると。

警察官B「あ〜っ!!」っとこれまたオーバーなリアクションで同じことの繰り返し。

その後は運転しないままゴールドになってしまった車の免許を渡して、仕事は何をしてるのか?などと沢山の質問をされました。

まとめ

警察官A「すいませんね〜。女性の写真を撮っていると思ったんですよ〜。」

僕「いやいや撮らないですよ〜。もういいです?」

警察官A「うん。悪かったね。気をつけてね〜。」

僕「どう気をつければいいですかね?」

警察官A「・・・。う〜ん。まぁ。気をつけて。」

僕「・・・。分かりました。笑 では失礼します。」

なんだか警察のお2人は写真を見て楽しんで頂けたみたいで笑顔で別れました。僕は僕で自分の写真の世界観で楽しんでもらえたことが嬉しくて笑顔で帰ったのでした。

追伸

シャッターの色を画像編集ソフトで変えて青い海と陸を表現しているシャッターの色を変えるとさらに楽しめます

写真って自由。

「道に落ちてたもん」シリーズや「フェンスにかかってるもん」シリーズなどのテーマのある写真をブログに載せていきます〜♪