旅と写真を楽しむブログ

ポケットWi-Fiの契約、仲間と合流するも数多くの予定変更に振り回される【台湾ワーキングホリデー10日目】

2018年7月14日(土)

淡水から台北周辺にあるDEOW留学エージェントさんにポケットWi-Fiの支払い。

その後ICLP7の仲間たちと合流しました。

会ってから色々と予定を変更され・・・。みんなでスイミングプールに泳ぎに行くって言ってたのに・・・。

台湾留学センターDEOWさんへ

以前淡江大学へ連れて行ってくれたスタッフさんとは違う方が対応して頂けました。

してくれたこと

ポケットWi-Fiの支払い、ICLPプログラムはどうかについての会話。中国語の練習

お忙しい中、30分ほど話して頂けたと思います。飲み物ももらいました。

「また中国語を話しに来てください。」

僕が上達するのを楽しみにしているみたいで嬉しかったです。

ICLP7の仲間と合流

Airbnbで部屋を借りて泊まっていた友人たち。

スイミングプールに行く前に昼食へ行くこととなりました。

「ちょっと靴が欲しいわ。」

えっ?えっ?今?ご飯行こうって行ってるのに?

「私も。」

えっ?私も?ご飯は?

「じゃあ俺も買い物ついて行くわ。」

うそやん

この本能に従う感じ。自由。いいよね。

僕と何人かは彼女達の帰りを待ってる間アイアムレジェンドという映画を見ていました。

帰ってきてご飯や探し

1時間くらいして帰ってきた彼女達。

映画もほぼ終盤のいいところでお昼ご飯へ。

そしてこのお昼ご飯をどこにするのかで迷う迷う。

やっと見つけて食べ終わったの15時。

やっと泳げる

「ちょっと電気屋さん行きたい。」

ええええっ!!

もうプールは無理だと思ったので帰ろうと思ったのですが大学のドミトリーに帰る荷物などは全て友人達の宿泊先。

そのまま電気店行きたいという主張が強く。疲れながらもついて行きました。

その電気店が遠い

西門という駅の近くのバス停から15分ほどのところの大きい 電気屋さんに行きました。ヨドバシカメラみたいなね。

そこを5階か6階か。下から順番に見て行ってへっとへと。

台湾の電気屋さんがどんな感じなのか分かりました。品揃えなどもヨドバシカメラさんでいいです。

大きな違いは人のフレンドリーさですね。

温かくて心のある対応をしてくれる店員さんがいました。アメリカの友人はかなり話し込んでいましたね。英語ですが。

帰りは乗ったバスを間違える

ようやく帰れる。と乗ったバスが違う方向へ行ったらしい。

なので途中で降りて20分ほど歩く。

宿泊先に帰ったのは午後19時半ごろ。

まだ終わりじゃないんです。僕のみここから大学のドミトリーに帰らないといけないんです。

まとめ

友人たちは金曜と土曜は外泊をするという許可をもらっていたので帰らなくていいのですが僕は許可をもらってないので戻ることに。

電車とバスを使って1時間半くらいかけて戻りました。

色々歩いて交通機関には慣れた

だけどまだまだ台湾に来て浅くて仲間と別れてから1人で行動するのは切なかった。

無事に帰って、シャワーを浴びてぐっすり寝たのでした。

続く。