旅と写真を楽しむブログ

千と千尋の神隠しで有名な九份へ旅行。山へも登ってそして大雨【台湾ワーキングホリデー17日目】

2018年7月21日(土)

僕の大好きな映画の1つである千と千尋の神隠し。この映画で似たような景色のあるところが台湾の九份です。

ICLP7プログラムにてここに行ってきたのですがよく写真で見るような有名スポットの場所は分からず・・・。

お金は追加でかかった

電車で九份まで行くはずで330元追加で払うことは知っていました。

だけどバスで行くことになって約400元になりました。

バスの中で騒ぎまくる仲間たち

僕はここ最近寝れてないことが多くて披露困憊。

バスも1番前に座って眠りたかったのですが携帯用の音楽を奏でられる機械で大音量で音楽を奏でる。

もう寝ることは諦めてバスの中の窓から写真撮影したり景色を眺めることにしていました。

途中でバス乗り換え

めっちゃ地元。

観光客も俺らだけっていうルートで向かってるという感じ。

山をのぼったり降ったりの道でとっても揺れてもうちょっと長く乗ってたら吐いてました。

景色が綺麗

大パノラマ。

心落ち着く景色。

お寺?

面白い感じの寺がありました。

カラフル。

写真をずっと撮れるという感じのところですね。

友達と一緒に現地のおっちゃんとも少し話しました。

九份を歩く

有名な場所はどこか分からず。

ここは本当に九份なのか?

テレビでよく映るなんか人がすごくいる階段をのぼっていくとこ。そこがどこかわかりませんでした。

山登り

階段ばっかりの山

体力が落ちたなぁ。

なんとか中腹まで登りきり、頂上付近まではいかないことにしました。

先に下りましたね。

そして滝のような大雨

先に降りて良かった

頂上までのぼる方の仲間のグループにいたらびっしょ濡れで風邪を引いたと思います。

階段はまるで川かのように水が流れ、降りるのが大変。

階段前人がたくさん躊躇していましたね。

友人たちが降りてこない

頂上に行った友人たちが集合時間になっても中々降りてこず、約1時間ほど待たされました。

何も気にせず合流して心配して損な気持ちになりました。

ちょっともうグループで動くのは控えようかな

そう思わされました。

帰りのバスが寒い

僕もびしょ濡れだったので帰りのバスはとにかく寒かった。

パーカーを2枚持っていて足にかけておかないと震えが止まらなかっただろうな。

台湾は冷房がとってもきついんです。

大丈夫な人は大丈夫ですけどね。僕は無理。いっつもパーカーを持って行ったりはおっています。

夜市に行く予定はなしになり、帰宅。

まとめ

思い出に残る旅行となりました。

ドミトリーで浴びたお湯のシャワーが温かかったなぁ。

続く。