旅と写真を楽しむブログ

ついに到着。わたたく台湾初デビュー 【台湾ワーキングホリデー2日目】

2018年7月6日(金)

「ぐごぉぉぉ。」

午前2時。

関西空港内のホテル「First cabin」。別の宿泊者のイビキに目覚めさせられる。

今日はいよいよ台湾に到着する日だ。

関連記事

次の日の記事(3日目) www.shashintanoshimu.com

前の日の記事(1日目) www.shashintanoshimu.com

スマホの大雨警報が鳴りまくる

大阪はこの日から雨が本当に凄かった。

午前3時10分。

スマホから大雨警報が流れ始めてホテル内はアラーム音だらけになる。

午前4時までに3回も鳴った。

朝に風呂に入ろうと思ったが起きているお客さんがたくさんいていっぱいだと思ったので入らなかった。

雨の中。ターミナルを移動

しばらく見ることのない大阪の景色は雨。

切なかった。

スーツケースの車輪が壊れる

なんか転がしにくいと思ってん。ほな壊れてた。

なんでやねん。

peach。格安空港会社のお客さんのマナー

AM6時25分。

搭乗手続き開始。前にいる団体客がものすごく時間がかかっている。

そして突然やってきた日本のおばちゃん2人が順番抜かしてカウンターへ。

えぇ・・・。

思いやり、謙虚さ。日本人の良さがこの頃消えてきていると感じるの僕だけでしょうか。

後ろに並んでいたカップルさん達と目が合い。まぁまぁ仕方ないねという感じで会釈を交わしあいました。

飛行機内でも寝れず

時差があるので大体台湾まで3時間くらいか。

その間後ろの団体のおばちゃんめっちゃテンション上がっててずっと大声で喋ってる。

寝れない・・・

台湾につけばきっと良いことがあると耐えるのみ。

ちなみに台湾は上空からの撮影は禁止と放送がかかりました。

ギターが無料

残念なことの後には良いことがある。

ギターを預けるのに本来なら3880円かかると言われたけれどシステムエラーのために無料で良いですと言ってもらえた。

台湾の入国審査はかなり待った

40分から50分ほど待ちましたね。

大変だった。

留学エージェントDEOWさんの送迎サービス

空港からホテルまでの送迎サービスをあらかじめ申し込んでいました。

疲れていたので本当に楽。

電車でホテルまで行くのには徒歩とか迷う時間を含めて3時間くらいかかるんですよ。

台湾の英語が話せない運転手さんだったし、会話もできなかったので窓から景色を眺めていました。

ホテルはここ。 www.agoda.com

Uinn Travel Hostelにてゆっくり

かなり個性的なカプセルホテルみたいな感じ部屋に宿泊。

部屋にしきりがある12人部屋です。

ご飯を食べに。初台湾の食べ物

多くの人数で泊まるユースホステルやドミトリーでの利点は情報をもらえること。

早速、スタッフさんに色々と台湾のことを聞いて(英語で)美味しいと有名なお店を教えてもらいました。

台湾の地元のお店。

中国語も分からず勢いで入って指差して勢いで注文。

肉まんの皮を柔らかくした感じ。中には肉が入っていて40元。大体160円くらい。

少し辛く、水が欲しかったが頼み方が分からず飲まずに完食。

千と千尋の神隠しに出てきてるご飯でもあるらしい。

2個でお腹いっぱいになった。

満足です。

夜はシーザーサラダロール

宿泊先の近くにあったシーザーサラダロールを食べました。

謝謝。

注文してとりあえず知ってる中国語のありがとうを言いまくるのみ。

美味しかったよ。

まとめ

台湾の街は独特な香りで充満してるなって思いました。

それが臭いという人もいたけれど僕はそうは感じないかなぁ。むしろ良い香りだなって思う時がある。

台湾生活がいよいよ始まってワクワクです。

新環境の始まり始まり。

関連記事

次の日の記事(3日目) www.shashintanoshimu.com 前の日の記事(1日目) www.shashintanoshimu.com