旅と写真を楽しむブログ

世界一周21カ国 カメラの使い方 画像編集 人生

日本の公共交通機関は安心感抜群。遅延や乗車拒否など、カナダはトロントで経験したバスの問題

カナダのトロントのバス(エグリントン駅行き)

ワーキングホリデーでカナダのトロントに1年間住んでいた渡 琢矢です。

 

外国の公共交通機関は時間通りには来ないとは聞いていたのですが運転面でも違いがありました。それはもう日本の電車やバスが怖くなるくらい正確な時間に来すぎることや運転が穏やかなことで安心感がハンパないですね。

バスの遅延

10分から15分の遅延は頻繁にあって最大で約2時間半ほど待った経験があります。

 

長く待たないと行けない時は長蛇の列もできるし歩いて帰った方が早いんじゃないかと思うほど。歩きはじめてすぐにバスが来てしまったら待った時間がもったいない。どうしようかなって時計を気にしながらキョロキョロしてる人もたくさん。

 

夜ではなかったので(運動になるしいいや。)と思って歩いて最寄駅へテクテク向かいました。夜は危ないですからね。

 

途中のバス停にたくさん人が待っていたなぁ。

 

乗車拒否

カナダのトロントのバス

時刻表によれば乗れるはずのバスなのですが待っている僕たちを素通りしていくバス。

 

 

「なんでや~っ!!」

 

 

急いでいない人は驚き、急いでいる人は怒ります。

 

2回連続で乗車拒否をされたこともあってその時は後ろで並んでいたおばぁちゃんがめちゃくちゃ怒っていたなぁ。

 

そりゃそうなりますよね。

 

2台続けて来る

人が空いている時間に2台のバスが同時に到着して2台目はガラガラなんてこともあります。先へ進んでもそんなに乗って来ない地区でしたしどうゆうことなんだろう?と疑問に思っていました。

 

急発進と激しい停車

中には吊り革をもっていても危なさを感じるほどの急発進をされる運転手さんも・・・。プライベートで何かあったのかイライラしながらの運転で停車も激しくて後ろの方に座っていると酔う時もありました。 

 

立っていると本とか新聞は落ち着いて読めない。荒い運転は怖いです。

 

ドア閉めて~

カナダのトロントのバスの停留所

バスの発車まで時間がある時にドアを開けっ放しにしている運転手さんもいます。身体を温めようとそわそわ動くしかなかったなぁ。

 

もうちょっと奥に・・・

日本の電車でもあることなんですがドアの入り口付近で固まって奥のスペースが空いているというような状況に僕は何度もあったことがあるのですがカナダでも同じ。

 

バスの奥が空いていたとしても乗車口付近で固まって動かない乗客。

 


「後ろが空いてるのに!!」

 

 

後から乗ってきた人が人をかき分けて奥の席へといく。

後部座席で座っていた僕と目が合って(分かるよ。)という意味を込めて頷けば相手も頷いてくれましたね。

 

日本の公共交通機関は安心感が凄い

トロントに行く前は電車がほんの少しでも遅れてしまうといらいらしてしまっていたけどたくさんの遅延を経験したことで余裕を持って動くようになったので良かったです。いらいらしたところで早く来ないですし目的地に早めに着いても本を読んで待ってれば時間も有効に使えるし約束に遅れるよりはいい。

 

お話したカナダのバス事情は2011年頃のことなので今は改善されているかもしれないですね。

 

日本の電車やバスは安心して乗れるし寝ることが出来る。カナダの公共交通機関では寝たことないもんなぁ。

 

それにしても真冬に遅れられるのは辛かったなぁ・・・。