旅と写真を楽しむブログ

世界一周21カ国 カメラの使い方 画像編集 人生

自分への誕生日プレゼントって笑顔になれますよね~♪

ブログ運営者とカメラの本

2017年9月10日に誕生日を迎えてから少ししてから自分への誕生日プレゼントを買いました。

当ブログ著者である渡琢矢ことわたたくが自分へのプレゼントに買ったのは。。。

ブログ運営者と購入した4冊の本を4枚の写真を組み合わせて

 全部本。

トップの画像も合わせてただひたすらに5冊の本。

ふふふ。

今回はアラサ―男が単純に誕生日に本屋に行ってそれぞれの本選んだ理由と買った結果に笑顔になりましたよっていう記事でございます

ふふふ。

たまにはこういう気楽~な記事も楽しいなって思いましてね~。

好きな本を買ってハッピー

全部旅と写真に関係する本を購入しました。

好きなんですよこの2つのテーマ。

 

カメラ本1冊

「世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書」

(世界一ってすごいな。)

さらに収録時間120分のDVDつき。

(2時間のDVD凄いっ!やっぱ映像でも教わりたいしな。)

すぐにレジへと持って行きました。

この本で写真を撮るのめっちゃ上手くなるのが楽しみでたまらない。

 

写真関連の小説

購入したのはこの1冊。

誉田哲也さんの「世界でいちばん長い写真。」

 

(長い写真って何?え?長いって何?)

映画化も決定していてめっちゃ面白そうな小説。

2018年初夏に公開予定みたいで見に行くのが今から楽しみです。

長い写真が何なのかとても気になる。

気になることが分かってもきっと笑顔になれる。

 

旅関連の小説

3冊買いました。

 

超能力×旅する男に興味があった1冊目

まずはずっと読みたいって気になってた筒井康隆さんの「旅のラゴス」

人が超能力を使えるようになった世界で旅を続けるラゴスさん。

SFと旅の合体がとても面白そうです。

(超能力使えていいなぁ~。)

 

旅の代行業が気になった2冊目

(旅の代行って凄い。どんな風にするんやろ?)

2冊目は原田マハさんの「旅屋おかえり」

背表紙の解説を読んですぐに購入を決めた本。

感涙必至らしいので読むときはハンカチーフを用意せねば。

 

自分と経験が重なった3冊目

山内マリコさんの「パリ行ったことないの」

パリに行きたい気持ちがずっとあるけれども臆病すぎて海外へ行けない女性が映画をきっかけに渡航を決意する話。10人の女性が登場するみたい。

(あぁ。分かる。僕も最初に海外行くときってほんまに怖かったから。)

現在僕が書いているシリーズもののアイスランドでの国際ボランティア体験談。

僕の渡航のきっかけは映画ではなく外国人に言われた言葉に落ち込んだから。勇気を踏み出して日本から出発するものの英語も話せなくて移動は常に泣きそうな心境。それに罰金13万もくらうし家族にめんつゆを入れられてるしもうめちゃくちゃだった。

そんな経験がこの本と重なって購入を決めました。

国際ボランティア体験談第1話

人生を変えるためにciee国際ボランティアへ参加を決意した - 旅と写真を楽しむブログ

この小説の中で女性はどんな旅をするんだろう?

きっとたくさん乗り越えて行くんじゃないかと想像しています。

 

自分へのプレゼントで笑顔に

でも正直、買いすぎた。。。

この小説以外にもカメラのテクニック本もある。。。

買いすぎてどれから読もうか迷ってまだ読めていないのです。

カメラの本は上手くなりそうだし、小説はどれも面白そう。

そんなことを考えていると自然と二ヤけて幸せを感じるのである。

あぁ。そういえば本を買った時にブックカバーがついてきました。

青い色の背景に白い猫がいるブックカバー

本を読む猫がかわいい。

ふふふ。

自分へのプレゼントって笑顔になれますよね。

原田マハさんの「旅屋おかえり」から読み始めよう。

それでは皆さまも楽しい読書ライフを。