旅と写真を楽しむブログ

カメラ

突然のカメラとの出会いが僕の世界を広げてくれている

確か2012年。ワーキングホリデーでカナダに行く前のこと。 人との出会いも突然でカメラとの出会いも突然だったのです。

43万円前後するNikon Z7という新しいカメラが注文殺到って凄い

2018年9月下旬に発売を予定しているNikonさんの新しいフルサイズミラーレス一眼レフカメラ。 Nikon Z7。 カッコいい。 でも僕は発売されてからお店でちょっと触るくらいでいいかな。

撮影ブースを作りました

ボクが通っている写真教室「遊美塾」で光の使い方、影の意識の仕方、おすすめ機材ついて学びました。 そこから撮れる写真表現の幅が何百倍にも広がりました。 今回は自分の家で色々と考えながらベストな撮影ブースを作成したことを書いています。 商品撮影、…

【Nikon 1 J5の使い方4】水族館、動物園、人がたくさんいる場所で撮影する時に超重要な設定方法

Nikon1 J5で水族館や動物園で撮影する時にするべき設定の解説です。音を鳴らさず、内蔵AF照射を解除することによって魚や動物に迷惑をかけないようにします。同時に周囲の人にも迷惑がかからないようになる超重要な設定です。

67mmと72mmのレンズキャップにはチップスターとハーゲンダッツのフタを装着できる

2018年3月23日(金)19時から放送されていた大阪ほんわかテレビで知った情報です。 67mmの大きさのレンズキャップならチップスター。 72mmの大きさのレンズキャップならハーゲンダッツ。 実際にテレビで装着されているのを見て可愛くもあっておしゃれで少し…

一眼レフカメラの基本的な使い方を知らないで旅行すると後悔することになる

旅行に一眼レフカメラを持って行く場合、基本的な知識を身につけて使えるようにしていかないと将来的に後悔することになります。

Nikon 1 J5のおすすめボディーケースを写真つきで詳しくご紹介

僕が1番使っている大好きなミラーレス一眼レフカメラ「Nikon 1 J5」につけているボディーケースについて装着方法やうーんって思ったところ、良いところなどを書いています。 かなり細かいところまで伝わりやすいように記事にさせて頂きましたので良かったら…

かわいさとかっこよさを兼ね備えたpentax k2現る

どうも旅と写真が大好き「わたたく」こと渡琢矢です。 最近、断捨離をしている時に突然現れたpentaxのk2というフィルムカメラ。 これがまたかわいさとかっこよさを感じさせてもらえてすぐにお気に入りのカメラとなりました。 ちょっとした情報やいいなと感じ…

ニコンのプログラムオートでf値とシャッタースピードが変わらない時の解決方法

一定の露出を保ったまま撮影ができるプログラムオート(撮影モードP)機能。 (あれ?故障かな?なんでだろ?) カメラのダイヤルを回せばf値とシャッタースピードの組み合わせを変えることが出来るはずなのに変わらないという問題に直面したことはないで…

【Nikon1 J5の使い方3】撮影直後すぐに画像を確認するとき、しないとき

動きのないときと動きのある対象を撮影するときに使い分けています。

【Nikon 1 J5の使い方2】撮影した写真を様々な方法で確認して笑顔になる

拡大表示やカレンダー表示など、調べないと知らなかったです。

Nikon 1 J5は機械モノが苦手でも簡単に撮影できます

Nikon1J5で撮影するまでの4つの手順を写真つきでご紹介。

一眼レフカメラのヒストグラムで撮影した写真が明るいか暗いか判断する

一眼レフカメラのヒストグラムについての基本的なことの解説と実際に撮影して確認することを書いています。

【Nikon 1 J5の使い方1】ヒストグラムを表示させて写真の明暗を確認する

NIkon1 J5でヒストグラムを確認するための設定方法を写真つきで紹介しています。

Nikon 1 J4でヒストグラムを表示させて写真の明暗を確認する

NIkon1 J4でヒストグラムを確認するための設定方法を写真つきで紹介しています。

Nikon D3100でヒストグラムを表示させる方法

Nikon D3100でヒストグラムを表示させるのは簡単でした。

英語でのコンパクトデジタルカメラ、ミラーレス一眼レフカメラ、デジタル一眼レフカメラの呼び方

英語での各カメラの呼び方がとてもかっこいい。

新しいレンズを購入するときのために所有しているニコンDXフォーマットのレンズの表記を学びました

レンズについてを理解しておくことでよりいっそうカメラを楽しく。

AFエリアモードでフォーカスポイントを選んでより確実にピントを合わせる

適切なAFエリアモードを選んでピントを正確に合わせる事が出来るようになります。

フォーカスモードから適切なオートフォーカスを選んで確実にピントを合わせる

適切なフォーカスモードを選ぶことによってピント合わせを確実にする。マニュアルフォーカスの使い方が特に重要。

風景写真は被写界深度を意識すると良いのですね~

被写界深度を勉強して理解出来ました。

一眼レフカメラのピントを操って写真の主役を決める

ピントだけでも色々な表現方法がある。

ホワイトバランスを使って見た目に近い色で撮影をする

ホワイトバランスは基本的にはオートにしておこう。

フラッシュの使い方を勉強したけどいつ使うのか分からない

フラッシュの使い方は難しくて苦手です。

ISO感度を調整して暗い場所にある被写体の撮影に挑戦

ISO感度を使って真っ暗闇に置いた被写体は映るのかを試してみました。

露出補正で写真に優しさと重厚さを表現する

露出補正。頻繁に使うことになりそうです。

ニコン一眼レフのA、S、P、Mモードとオートモードで学んできたことまとめ

今まで勉強してきたモードの知識が頭に入っているかどうかの確認記事です。全部使いこなそう。

ニコンD3100のオートと発光禁止オートでカメラにまかせて簡単に撮影

オートと発光禁止モードは初心者にとっても使いやすい機能です。

ニコン一眼レフのマニュアルモード(Mモード)で自由に表現をする

マニュアルモードの世界は自由ですね。

ニコン一眼レフのプログラムオート(撮影モードP)で手軽に撮影をする

普段はPモードに設定をして写真を撮ろうと思います。