統合失調症が旅に出た

台北にある24時間営業の本屋さん「誠品書店 敦南店」は座り読みもできる

どうも~わたたく(プロフィール)です。

トップの画像のOpening hours の下に24hrという表記を確認することができますよね。

今回ご紹介するのは台湾の台北にはなんと24時間営業の本屋があるということ。

凄くないですか?

僕が利用している留学エージェントさん「DEOW」の台湾オフィスに利用した帰りによることにしています。

中の状況や地図などを貼っています。

知ることになったきっかけ

本読むの好き

本好きだったら台湾には24時間営業してる本屋があるよ。

すごい。コンビニみたい

電車がなくなったらここに来て本を読んでおくといいよ。広いしイスもテーブルもあるし

台湾人の彼女の一言をきっかけで知ることになったのでした。

外観から中の様子

▲入り口です

▲2階にあります

▲誠品生活と書かれてある看板の方へ

そのままエレベーターか階段で2階まであがります。

階段はちょっと急で危ないですのでお気をつけ下さい。

台湾を感じる中の様子

広くて大きいです。

立ち読みをしているというか座り読みをしている人が多いです。

壁の端っこの方や地べたに座って足を伸ばして本を読んでいる方もいます。

写真集コーナーの近くに8人ほど座れるテーブルとイスもありますがいつもいっぱいで座れません。

写真集もサンプルがあります

写真好きな人にとって、写真集のサンプルが読めるのはすごく助かります。

めっちゃ大きくて高価なものも読めるので嬉しいですね。

写真の表現を磨くために行っています。

本屋さん以外にも見どころいっぱい

1階にはカバンが置いてあったり靴が置いてあるお店がありますね。 

CD屋さんも地下2階にあるし色々と見て回っても面白いかと。

僕が行った時はLeicaのコーナーがあって写真展を楽しみました。

場所はMRT忠孝敦化駅6番出口近く

むっちゃ近いです。

皆さんが行かれる時にはいるかは分かりませんが、6番出口をでた付近にベビーカステラのようなものを売っている人がいます。

それもまた美味しいんですよ。

お腹もこわさなくて大丈夫だったですしよかったら食べて見て下さいね。

▲駅出てまっすぐで大きい通りの信号を渡ってすぐです。

まとめ

24時間営業の本屋さん。日本にはないんじゃないかな。

初めて聞いた時にびっくりした本屋さんの紹介でした。