統合失調症が旅に出た

ピークデザインのリーシュ(Leash)はミラー レス一眼レフカメラと組み合わせ最高のストラップ

カメラをカバンに入れた時、ストラップが絡まらないように入れるのに出すときにはごちゃごちゃして絡まっている。

ななめがけをするために長さを調整したいけどとってもやりにくい。

そんな経験をしてため息をついたことありませんか?

僕はあります。

大阪の水族館に行った時にストラップが外れたことも・・・。

良いストラップないかなぁ

カメラも小さいしあんまりしっかりしたものもなぁ。

解決策はないものかと探していた時に見つけたPeakdesign(ピークデザインという会社)のストラップ「リーシュ(Leash)」

何が良かったかと言うと

  • とりつけがとっても簡単
  • コンパクトでかさばらない
  • ストラップの長さも簡単に調節可能
  • 歩くときもぶらぶらしない 

上記4つだけでも便利なのに同じ会社の製品とも組み合わせも可能。

「リーシュ」をミラーレス一眼レフカメラのストラップをどうしようか悩んでいる方にレビューさせて頂きます。

リーシュ(Leash)の紹介動画

制作会社ピークデザインさんによる公式動画です。

とっても簡単な取り付け方

まずはイヤリングみたいなツールをつける

▲1 通すだけ

▲2 輪に通す

▲これで装着完了。もう片方にもつけて下さいね。

▲反対側

▲両側完成

イヤリングみたいでしょ?

ストラップをつける

▲ストラップを用意してください

▲形に合わせて

▲カチッと音がするまではめ込みます

▲両側やればもう完成

素早く取り付けと取り外しも出来るし楽です。

身体にかけてみる

▲ミラーレスカメラを正面から

▲ミラーレスカメラ前斜めがけ

▲ミラーレスカメラ後ろ斜め掛け

▲一眼レフカメラを前からかける 

▲一眼レフカメラ斜めがけ後ろ望遠レンズ

ストラップの長さの調整の仕方

▲ストラップに手をかけれる部分があります

左手で調整する場合

▲右手でカメラを支えながらストラップにかけた左手を上げます。そうすると短くなります

▲そのまま下げるとストラップは長くなります

右手の場合

▲右手の場合も同じようにできます

▲右手も同じです

カメラがぶらぶらせずにすぐに撮れるようにするストラップのつけ方

▲付属品を用意します

▲付属のイヤリングのようなものを装着してカメラの下側にしっかりと固定する

▲この状態でつけるとこうなります。ちょっと違和感あるように見えますが右手で持ちやすいです。歩いていてカメラもぶらぶらもしません

▲右手ですぐに撮れるカメラの形。そのまますぐにシャッター押せるので撮影がスムーズ。

▲前、斜め掛け状態

▲後ろ斜め掛け状態

他の同じ会社の商品と組み合わせてみる

ハンドストラップカフ(CUFF)

▲ハンドストラップなので片方だけですね。

▲別のアングルでハンドストラップ

メッセンジャーバック(エブリデイメッセンジャー15L)に装着

ストラップと同じ会社のキャプチャープロがあればリュックサックやメッセンジャーバックにカメラをつけれるようになります。

▲エブリデイメッセンジャーにつけてみる

▲正面からみるとこんな感じ

くるくる丸めて管理もコンパクト

丸めるととっても小さくなってポケットにも入ります。

▲小さいね

▲前ポケットに入れる

▲後ろポケットに入れる

使用感

イヤリングみたいなカメラにつける丸いツールは2年以上使用してきてますがちぎれてません。強く引っ張ったりの使用はしてきてないですが90キロまで耐えれるみたいなので大丈夫そうですね。

まとめ

お値段は少ししますが長さ調整がとても楽ちんで撮影時のストレスもめちゃくちゃ減って長く使用できる良いストラップです。

ミラーレスカメラに丁度いいのでご興味ありましたら是非。