統合失調症が旅に出た

台湾の碧潭にて華麗に舞い踊る水 

どうも~わたたく(プロフィール)です。

台湾の新店駅から歩いてすぐの びたん という所。そこで出会った景色、水辺のイベントについてたくさんの写真と共に書いています。

僕が写真を撮影していたり書いたりすることで統合失調症の症状を忘れられるように、お読み頂けた皆様も心が軽くなっていれば嬉しいです。 

では水辺の雰囲気をご紹介

まずは橋

▲碧って漢字が入ってる観光地なので日本人としても青を連想します。橋やしなぁ

▲しっかりとした橋です

▲橋の向こう側

▲このネットみたいなのもおシャレ

▲川の方はうっすらと明かりがついています

▲以前書いた道路も奥に一緒に撮影

飲食エリアへ

▲何だか明るくなってきました

▲何を読んでいるの?そう子供が聞いたけど返事はない。ただの像のようだ

▲飲食エリアへようこそ

▲ぼやかして撮るの好き

水辺のイベント

突然場所取りを始める人たち。

何かあるの?

流れる音楽。

うわぁ~イベント始まった

と気づいた時にはもう遅く、場所がない。 

ちょっとだけ空いていたスペースを見つけてそこからベストな写真を撮るしかないということに。

▲ここはもう入れる場所はなかった

▲だけど何とかちょっとしたスペースをを別の場所で見つけて望遠で撮影

▲水の花火みたいね

▲綺麗

▲紫 ちょっと違うアングル

▲緑

▲スペースがあいていたのはここ。木があって見えないもんね。撮影難しかった

▲水のパターンが変わる

▲でもやっぱり踊るのが好きみたい

▲うっすらと青い水に

▲人にぶつからないようにもうダッシュして近くから撮ろうと思ったがここで終了。終了間際に撮影した1枚です。人はたくさんいますね。これはこれで好き

橋へ

水のイベントが終わったので今度は橋を渡ってみることに

▲普通の通路みたいにも見えるね

▲でもやっぱり橋でした

▲橋から撮影したアヒルボート

▲先ほどまで僕がいた飲食店エリア

▲写真は夢中になりすぎて落ちたりしないように注意が必要です

▲ビルもまた青く輝いている

まとめ

この日は20駅ほど撮影して1番最後の駅が新店でまさかのこの場所を発見。綺麗だったので疲れを忘れて撮影していましたね

次に戻ってきたときは天気もどうなるか分からないし後悔しそうだったから。

帰りの電車は爆睡でした~

良い風景やイベントに出会えたなって笑顔で眠って帰ったのでした。

関連記事▶︎新店駅の近くにある碧譚に迫力ある道路と夜景の美しさ - 統合失調症が旅に出た

▶︎新店駅はとにかく緑の柱だらけで面白い【台北のMRTを撮りつくす旅19】 - 統合失調症が旅に出た