統合失調症が旅に出た

2回目の写真コンテスト挑戦から白い虹の存在を知ってびっくり【デジタルカメラマガジン2019年2月号選考(デジタルフォト部門)の結果】

写真コンテスト2回目の挑戦をしたわたたく(プロフィール)です。

デジタルカメラマガジン2019年2月号選考 2019年2月号選考(デジタルフォト部門)の受賞作品をみれるインターネットページと僕の学んだことを書いています。

結構な文章量を書いてますので写真の技術の向上を図りたい方にとっては有益な記事になると思います。

紹介先のページでほっこりするような受賞作品もあるので心の病を抱えている方は見ると落ち着くかもです。

受賞作品をみれるページ

全部で23枚の受賞作品が講評とともに載っています→ デジタルカメラマガジン 2019年2月号選考〈デジタルフォト部門〉 デジタルフォト部門の受賞作品一覧 | フォトコンテスト | GANREF

受賞作品全ての写真からの学び

構図について

23枚あるうちに。主題を写真の中心にドーンと伝わってくるような写真が20枚。残りの3枚が風景を引きで撮ったもの。

画像編集について

画像編集の色合いも作者さんによって違う。色が実際のものと結構違いがあってもテーマやアイデアがしっかり伝わる意図を持っていれば受賞も可能であるということに気づけました。

画像編集で色合いやコントラストはどうしようかな?

なんて思ってた問題がテーマを持って編集していくということで今回は解決しました。

タイトルについて

ストレートに写真が伝わるタイトルにしていいんだなと。その方が伝わりやすいですし。

ロマンチックなものもあればカッコよさを感じるものもあり。タイトルからはどの年齢層の人が撮影しているのかも伝わってきますね。

1枚ずつの写真からの学び

今回、受賞した作品の中から特に気になった写真を僕なりに吸収してメモしていきます。

優秀賞

  • 日常の違和感
  • 足元からのアングルは大人っぽく見える
  • 表舞台は記録写真になりがちなこと
  • 舞台裏にはドラマがある
  • 編集ソフトはWindowsフォトギャラリー。テーマや編集ソフトも使いこなしていればphotoshop,Lightroom以外でも大丈夫ということを知る

個人的にはコミュニケーションスキルも必要かなと感じました。周りに溶け込む力も

場合によっては重装備で怖い顔をして真剣に写真を撮っていたら殺気を放つので気づかれてしまいそう。

準優秀賞2枚から

  • ノーファインダーからの1枚
  • 主題を意識する
  • 状況を伝えるためにボカしてまとめる

1枚の写真の中にまとめるかぁ~

解説の中にあった「まとめる」という表現は撮る前に(どうまとめようか?)と考えるきっかけをくれました。

さらに写真を語る上での語彙力も身につきましたね。例えば「まとめられている写真でとても勉強になりました」という感じで。

入選作品からの学び

  • 白い虹があるなんて
  • C-PLフィルターとは何なのか
  • 表情の明るさと暗さ(対比を1枚に込める)
  • 十数枚の被写界深度合成に関して

試したことがない写真の道具、撮り方がありますね

白い虹の存在を知れたのも大きいです。フィルターや被写界深度合成についても調べてまた記事にします。

佳作からの学び

  • 影遊び
  • 視点
  • 動物のストーリー
  • 構図とスナップを作品に
  • 国の違いによる日常の面白さ
  • モノクロにすると形や表情に集中できる
  • 幸せを撮るということ
  • 夕日とシルエットに足元までしっかり意識 
  • 動物と昆虫の瞬間
  • フィッシュアイレンズ
  • タイトルとアイデア
  • 空を大きく撮る思い切りの良い構図
  • ストロボを使ったメルヘン世界
  • 動物写真の面白さ

ストロボについてまだ経験がないので磨きたいですね。その前にまずストロボを手に入れないと。 

自身の応募写真を振り返る

▲タイトル 願い Nikon 1 J5 台湾 十分にて撮影

僕が伝えたかったのは十分という街並み。やっとの思いでここにこれたような1人の男性が願いを込めてランタンを飛ばす。その喜びは周囲に伝播して笑顔へと繋がっていく。

反省点 読みが弱い

1枚で伝える量が多すぎたか

あとは手前のランタンがかかているハンガーラックと後ろの人物が被っていたり。本当に一瞬だった

その一瞬を上手い構図でとらえるために予め様子を伺ってイメージしておくべきだったな。

状況を読む力をもっと磨こう

天気、人の混雑、カメラの前を人が横切らない状況か。そしてその状況で撮るのはどんなカメラの設定が1番いいのか。

頭をフル回転させる必要がある。

まとめ

学べることが多すぎる

実際にコンテストに応募して2回目。今回も受賞は出来ませんでしたが結果尾の23枚の写真から多くを学ばさせて頂きました。

学ぶだけでは知識がついていくだけなので実際に写真を撮るぞ

今回の作品から学んで撮影した写真を載せる記事も作成していこうと思いますので写真の技術向上を図りたい方はお楽しみに。

統合失調症なんかに負けてたまるか。