統合失調症が旅に出た

統合失調症の幻聴に薬を飲まずに対応している1~18の方法

どうもわたたくです。

18歳の時に統合失調症を発症。この記事を書いている2019年1月時点では30歳なので闘ってきて12年です。

どのような人生を送ってきたか等はこちらのプロフィールに書いています。

わたたくのプロフィール - 統合失調症が旅に出た

この記事では幻聴の症状に対してどのように対応しているのかを書いていますので参考になれば嬉しいです。

僕の場合のことで当てはまらないかもしれないのでご無理をなさらないでくださいね。

薬を飲むのをやめられる場合は必ずよく話を聞いてもらえる医師にご相談をお願いします。

1 互いに尊重し合える関係を持つ

朝、雨に濡れたりたくさん見て回ってちょっと疲れたから午後は帰ってゆっくりしていいかな?

など。

そこでなんで?せっかくここまで来たのに?と揉めるような関係ではなくて意見を尊重し合える関係は僕にとってとても大きいです。(家庭で自分の意見を言うと相手にされず子供は黙って親の言う事をきいておけばいいという考え方で暮らしてきたので辛かった・・・。)

言い変えると理解してくれる人ですね。

僕の症状のことを話しても分かってくれて傍にいてくれる人。

僕は僕のままでいいんだと思えて自信になります。

2 症状に繋がる人には会わない、場所へは行かない

例えばお酒を飲まないと「お前、今日ここに何しにきてん」と否定するような人がいる飲み会ですね。←幻聴でも妄想でもないです、実際に言われたことがあります。

僕は「あまり飲めないです。」あらかじめそう伝えて理解のある人がいる飲み会にしかいきません。

そう伝えても周りの空気が悪くなるのであまり行きませんね。

断っても気分が悪い思いをする場合もありますが行けばもっと疲れるので断る時は断ります。

3 幻聴が聞こえなくなることをする(症状を忘れられることをする)

僕は幻聴からくる妄想がしんどいです。やっていると幻聴が聴こえなくなったり忘れることを書きます。 

集中すると僕の症状を忘れるということに気づきました。

僕は芸術関連、好きなことが多いです。

4 音楽聴いたり演奏をする

僕の場合は歌とアコースティックギターです。

演奏している間は症状を忘れられます。自分の演奏に集中していたりお客さんに感動してもらえるように集中していたりするからです。

歌詞によっては嫌な過去を思い出して悲しくなったりもします。ですが演奏にそういった感情が現れて役に立つと考えています。辛い記憶をプラスにとらえる練習になってます。

音も綺麗です。最近、30歳になってからピアノも始めたくらいです。 

聴く、歌う、弾くは僕にとってとてもいいです。

5 写真を撮りに行く、編集する、観る

僕は写真を撮る時に風景、街並みなどとにかく写真が大好きでたくさん撮ります。 

撮っている間(こんな風に撮ったら面白いかなぁ。伝わるかなぁ。)なんて考えていることがほとんどなので症状を忘れられます。

帰ってからも編集でその時のことを思い出すことが出来て症状とは別の事を考えます。

撮らない日はプロの方の写真展は無料でやっている場所も多いので僕はよく観に行きます。

(きれいだなぁ)とか(どうやって撮ってるんだろうと想像)して笑顔に。

6 旅(旅行)に行く

僕は家族との関係が上手くいってません。

いつもケンカばかりだった家庭。ケンカがなくなれば祖父に愚痴を言われる毎日。

そんな環境から離れれば離れるほど僕の症状はおさまっていきました。

それに旅や(旅行)は新しい風景にたくさん出会えますし好きな写真をたくさん撮る機会がありますから僕にとってはとてもいい薬です。

7 ブログを書く

書いている間は頭の中は文章でいっぱいなので幻聴や妄想も忘れています。

弾いた音楽、撮った写真、旅した経験も一緒にブログに載せればまず自分が楽になれます。

自分で見返してきれいだったなぁと旅した気分になっています。

そしてお読み頂いた方の心を軽くするきっかけにもなっているとすれば僕も嬉しい気持ちに。

僕は心の病と診断されてから自信をもてない部分があるので感謝の言葉を言ってもらえると前向きになれます。

8 ゲームをする

ストーリーが面白いRPG(冒険もの)が好きです。

ちょっとずつ旅して、ちょっとずつ強くなって、そしたら画面の中で新しい場所に行けるようになって。さらに話も面白い。

ゲームって自分で動かせる旅の小説だと思ってるんです。 

最近はスマホゲームのアナザーエデンとヴァルキリーコネクトというものをやっていますね。両方とも話が好き。

ただやりすぎは疲れの元。課金も笑顔を保てる範囲で今いるキャラクター達と楽しむ考え方でやっています。

9 マンガを読む

週刊少年ジャンプを電子書籍で読んでます。

次の話が楽しみということも僕の中から症状を忘れさせてくれるきっかけです。

他にもマンガワンというアプリで毎日更新されるマンガを読んでいますね。

(次の話はどうなるかなぁ?)ということを考えると幻聴から逃れることが出来るのです。

10 映画をみる

残酷な映画、ホラー映画はみないです。

アクション映画もつかれている時は暴力的なシーンがしんどいのでみません。

音楽の映画、旅の映画、ヒューマンドラマ系の映画を観ますね。

好きな映画はオー・ブラザーです。

11 Youtubeで興味のある動画を見る

自分に自信をつける方法などのyoutube動画を見ています。

クリスの部屋さんの動画を僕は良く見て励ましてもらっています。行動する力や1人じゃないと感じさせてもらっています。

あとは写真の講座と見たり機材の解説を見て好きな写真のことを考えています。

動物の可愛い動画や面白い動画を休憩に1、2本見ると心が癒される。

12 犬や猫の写真を見る

僕の場合はポストカードを机の前に置いています。 

▲この2匹が店番してたらお気に入りナンバーワンのお店になる

▲可愛すぎる犬たち。僕は今も笑顔です

文章を書いて頭を使って手が止まった時、ふと目の前にはかわいい犬たちがいて笑えます。

そして笑ってちょっと落ち着いた時に言葉が浮かぶ。また書き始めるを繰り返しています。

13 外の空気を吸いに散歩する

ブログ作業や書く仕事をしていると家にずっといてパソコンと向き合っている時があります。

カメラも何も持たずに気分転換に外に出ていますね。

それでコンビ二でコーラ買って飲んだりしてます。

14銭湯もしくは温泉に行く

肩まで湯につかって癒します。心と身体が落ち着くのを感じます。

ゆらめく水。たまに聞こえる桶の置く音、誰かが「くぁ~」とあげる声に(気持ちいいよね温泉って)などど思って笑顔になる。

よっぽどきつい水や合わない水でない限り、銭湯や温泉に薬を飲むことで生じる副作用はない。

騒がしいのが苦手なら人がいない時間帯を狙って行くといいです。

考え方

今までは幻聴に対応する行動を主書いてきましたが考え方を書いていきます。

15小さなことを気にしない

ブログを始めた頃は小さなことが気になりました。

句読点があった方がいいのかない方がいいのか。ここのデザインは丸い方がいいのか。

記事を書くのが進まないので出来ていない自分を責めはじめて幻聴へと繋がっていきます。

なので小さなことは気にせずとにかく書きます。

16 完璧を目指さない

完璧を求めて作業が進まない、そもそもやり始めが遅かったりでまず始めないです。

そうなるとやってくるのは自分責めからの幻聴。

完璧主義を治したい者にとっては30点でも。20点でもいい。10点でもいい。始めなければ0点なのだから。

17 幻聴に負けてたまるかと思う

色々聞こえてくる聞こえないはずの声が。毎日。大人数から。何十年以上も。

お前は変わってる。何もかも中途半端。出来ないぞ。30歳にもなって何してんだよ。いつまで遊んでんだよ。親が泣いてるね。下手くそだなぁ。いつまで迷惑かけてんだよ。早く動けよ。毎日、何しとんねん。留学してその語学レベルかよ。人生終わってんなぁ。

・・・。

幻聴に言い返してしまうと1人で喋っている事になるので言い返さない。

ただ静かに(負けない。)って思うこと。

そして(僕は強い)と思うこと。

そしたら力が湧いてくる。言い返しても言い返しても終わらない幻聴の声たちは静かに振り払うのみ。

18 疲れたら休む

僕はやり出したら休まずにやってしまう時があります。

そして疲れは幻聴や症状を引き起こすスイッチのようなものだと気づいています。

(あぁ。やりすぎてるな)

1日にゲームのやりすぎやマンガの読み過ぎ、映画の観すぎもそう思ったらすぐに休むようにしています。

中々やりすぎていることに気付けないので改善中でもあります。

まとめ

この記事の時点では統合失調症を発症してから12年目に書いた記事です。

自分に合った対応方法を見つけるのにとても時間がかかりましたが病院にも行かずに薬も飲まずに対応しています。

毎日の生活の中で対応していく方法でした。

他にも幻聴を対応する方法が出てきたら記事にして追加していきます。

19から37の方法を別の記事で追記しました:統合失調症の幻聴に薬を飲まずに対応している19~37の方法 - 統合失調症が旅に出た