統合失調症が旅に出た

2018年は温泉入って花火を見ながら年を越した【台湾 宜蘭観光12】

2018年。今年の最期は温泉に入って目の前で上がった小さめの花火を見て静かに過ごしました。

年越しそばは食べれなかったですが紅白歌合戦は見ました。

小さめの花火のご紹介や台湾での年越しの時の様子をお伝えします

まずは紅白歌合戦

台湾では日本のテレビを見ることができるよ

ほんま?

ほら何か歌番組やってるよ

おお~紅白

台湾人の彼女との会話。日本の番組を見て見たいということで一緒に少し見ました。

石川さゆりさんの天城越えが流れて僕も合わせて歌ったら彼女は爆笑してましたね。

演歌がかっこいいとのこと。

台湾の年末のテレビは?

日本の年末の歌番組は穏やかなものが多いね。

台湾の歌番組見たいよ

ポチポチ台湾の歌番組を変えてみるとバンバン騒がしいクラブミュージックのような感じや踊りまくって演奏する人たちが多かったです。

プチ情報

台湾の有名な歌手は台湾で歌うのではなく中国に行って演奏すると言われました。

だってきっとお金がいいからと言っていました。

複雑ですね。

小さな花火が上がり始める

▲目の前で上がる花火。高い位置で見る花火は初めて

▲ガラスが曇ってるけどそれでも好き

▲最期の方になると大きい花火

台北の方は?

▲テレビ越しからでも迫力満点の台北101の年越し花火。

静かな朝

▲曇り。とても静か。みんなゆっくり寝てるんでしょう

▲人もあまり出歩いている気配なし

▲切ないけど2019年も良くなりますように

まとめ

台北101の花火も興味があったけど温泉でゆっくり花火を見ながら過ごしたかったんです。

朝にもう一度しばらく入れないであろう温泉に浸かり、台北方面へと早い時間帯に戻るために準備を始めました。

まとめ記事▶︎DIYと温泉街を楽しんだ宜欄観光まとめ(全13話) - 旅と写真を楽しむブログ

次の記事▶︎温泉街のホテルの朝食と台湾は宜蘭のバスステーションのプチ情報【台湾 宜蘭観光13】 - 旅と写真を楽しむブログ

前の記事▶︎羅東の温泉街にて小雨程度なら傘をさしながらも足湯に浸かる観光客の人たち【台湾 宜蘭観光11】 - 旅と写真を楽しむブログ