統合失調症が旅に出た

温泉街のホテルの朝食と台湾は宜蘭のバスステーションのプチ情報【台湾 宜蘭観光13】

2019年の朝食はバイキングから始まりました。

ベーコンですかね。お腹が空いていたのでたくさん食べました。

今回は台湾のホテルの朝食、そしてバスステーションでの出来事をお伝えします

パン

▲こんな感じのパン

▲このお店がホテルの中にありました

店内の様子は結構騒がしかったですね。お子様が元気いっぱいでした。まぁ付近のホテルはどこも同じような状況だと考えられます。

新年って気持ちも高ぶりますもんね

バス停へ向かう

▲パラパラとした雨。傘は刺さなくてもいいくらい

▲番号札をもらってバスが来るまで呼ばれるのを待ちます

▲何番何番~って結構騒がしい感じ。呼びかける人は声が枯れないのかな

▲僕と台湾人の彼女も待ちます

まとめ

バスの席数は限られていて立って乗る事は出来ないバス。

宜欄方面へのバスは必ず全員が座って乗り、シートベルトをする必要があって車内はお静かにというルールがありました。(車内に印あり。)飲食は大丈夫。

台北の地下鉄(MRT)はお喋りしても大丈夫ですが飲食はダメですね。

台湾は街によって公共の電車やバスのルールが違う所も文化の違いだなと感じています。

これにて台湾の宜蘭観光シリーズは終了です。

充実した旅行となりました。

2019年も色々と挑戦していこうと思います。

まとめ記事▶︎DIYと温泉街を楽しんだ宜欄観光まとめ(全13話) - 旅と写真を楽しむブログ

前の記事▶︎2018年は温泉入って花火を見ながら年を越した【台湾 宜蘭観光12】 - 旅と写真を楽しむブログ