統合失調症が旅に出た

呷七碗米食文化館で台湾料理を味わう。窓の外で劇が始める【台湾 宜蘭観光4】

國立傅統藝術中心傅藝文化園區シリーズ第4話。

呷七碗米食文化館というお店でお昼ご飯を楽しみました。

1階には展示物があり、2階で食べている時の途中で台湾の劇が始まりました。

それでは台湾 記事でご体験ください。

形取られた展示物

▲サンプルなので食べれない

いちごではなさそう。生地はなんなんやろ。緑は抹茶か?

▲型のあるフライパン

2階で注文

▲雨の日には物思いにふける人が多い

寂しくなるね

注文した料理

▲色々とあります

▲僕が注文したのは右下の大きくアピールされてるもん

▲右上が僕が食べたもの

他にも色々頼んでくれたのは台湾人の彼女です。

お世話になりっぱなしなので日本に一緒に行くことがあったら助けます。

気になって食べるのに集中できない

▼たまに目が合うんですよ。食べてる時に。(まだ?)って訴えてるんですよね。目が。

台湾のレストランは満員で席がなかったら食べているテーブルの横で待っている時がある - 旅と写真を楽しむブログ

舞台始まる

▲なんか音が鳴った

▲ 面白そうな舞台が始まる

まとめ

見に行こう

ということで食べ終わったらすぐに見に行きました。

その舞台の状況を次回お伝えしていきます。

今まで見たことがない舞台で面白かったですよ。台湾って感じでした。

まとめ記事▶︎DIYと温泉街を楽しんだ宜欄観光まとめ(全13話) - 旅と写真を楽しむブログ

次の記事▶︎台湾人でも分からなかった中国語の方言の劇だけど雨でも笑顔の会場だった【台湾 宜蘭観光5】 - 旅と写真を楽しむブログ

前の記事▶︎國立傅統藝術中心傅藝文化園區の備長炭、マスク、傘のお店【台湾 宜蘭観光3】 - 旅と写真を楽しむブログ