統合失調症が旅に出た

台湾人でも分からなかった中国語の方言の劇だけど雨でも笑顔の会場だった【台湾 宜蘭観光5】

國立傅統藝術中心傅藝文化園區シリーズ第5話。

前回のレストランで食べていた時に始まった面白そうな劇。

せっかくなので近くで見てみることにしました。

お客さんいっぱい

▲傘をさしながら観る面白さ

めっちゃ人いました。なんと無料ですから。

写真撮りたい

せっかくなのでぐいぐい行ってもっと近くで見てみることに。

迫力満点

▲まずはコスチュームとメイクアップが好き

あたしでもこの中国語分からないわ

台湾の方言みたいなものでやられている劇。彼女も舞台のすぐそばにある字幕を見ないと分からないとのこと。

僕はもちろん分かりません

盛り上がってます

▲食い入るようにみる人たち

▲何が起こるのんか全く分からず

▲急に縄跳び

▲あ〜あ

▲拍手〜

まとめ

途中ね。お尻を叩くような場面が何度かあって会場のお客さんはかなり笑っていましたね。

僕は

なんかお尻叩かれてるわ

パシャ。パシャ。

って感じで写真を撮ってました。笑

次にこういうことがあれば動画でも残そうと思います。

そしたらきっともっと旅の雰囲気も伝わるし楽しくなるよね。

まとめ記事▶︎DIYと温泉街を楽しんだ宜欄観光まとめ(全13話) - 旅と写真を楽しむブログ

次の記事▶︎ 駄菓子屋さんの柑仔店でピンボールを楽しんで景品をもらう【台湾 宜蘭観光6】 - 旅と写真を楽しむブログ

前の記事 ▶︎呷七碗米食文化館で台湾料理を味わう。窓の外で劇が始める【台湾 宜蘭観光4】 - 旅と写真を楽しむブログ