旅と写真を楽しむブログ

海の中を自由に作れるキャンドルDIY【台湾 宜蘭観光7】

國立傅統藝術中心傅藝文化園區シリーズ第7話。

僕は作ってないのですが台湾人の彼女が非常に興味おがあるということでキャンドルDIYを体験されました。

ガラスの中、砂をイメージするようなものを入れ、貝殻などを好きに選んで好きに作ります。

そんなお店の様子を皆さまにお届けします。

写真中心でサクッとどうぞ。

お店の名前は傳相火燭

▲火ってことからキャンドルをイメージ

▲好きに選べますが追加でお金を払わないといけないものも

材料

▲商品がいっぱい

▲本物の貝なのかな

▲お店の人が仕上げの作業。何か液体を入れていますね

店内の様子

▲カウンター

▲テレビ番組のテレタビーズみたい。なんなんだろ

▲火の周りを泳ぐ魚

出来上がったら

▲出来上がりを渡すと中の貝などをちょっと調整してくれます

▲調整中

▲特殊な液体を注ぎ込む

▲完成。あとは持って帰るだけ

完成して少し時間が経って

▲気泡は時間が経っていくにつれて抜けていくみたいです。

まだまだ時間がかかりそうです。

僕は不器用だし作成に時間がかかりそうだと思っ作りませんでした。何よりも写真撮影したかったので。

まだ使用したことがないので使用したらどんな感じかまた載せてみます。

続く

次の記事▶︎ お茶、昔の台湾にあった日本の雰囲気を感じさせてもらえるお店【台湾 宜蘭観光8】 - 旅と写真を楽しむブログ

前の記事▶︎ 駄菓子屋さんの柑仔店でピンボールを楽しんで景品をもらう【台湾 宜蘭観光6】 - 旅と写真を楽しむブログ