統合失調症が旅に出た

お茶、昔の台湾にあった日本の雰囲気を感じさせてもらえるお店【台湾 宜蘭観光8】

國立傅統藝術中心傅藝文化園區シリーズ第8話。

お茶のお店。日本統治時代の台湾にあった日本のお店の雰囲気を見れて楽しかったです。

お茶のお店

みんなお茶が好きなのかなり混雑していました

▲ご購入されている方も多かったです

2階はすいていた

奥に階段があったのですが気づいてない人が多かった

▲ちょっと博物館っぽいですね

▲手でお茶の葉を細かくするのかな

▲文字が入っています

▲お茶入れがびしっと整列中

▲壮観です

日薬本舗 薬舗博物館

突然現れた日本を感じさせてもらえる場所

▲本当にこんな感じだったのかな

▲銭湯入りたい

▲神社にだるまさんは新鮮

▲味のある郵便局

▲味のあるお薬の袋たち。プレミアついてそう。

▲歯医者さんの設備

青春照拍館

▲青春を撮ってくれるのかな

▲古いカメラがたくさん

台湾の服を着て撮影もしてくれそうな感じではありました

小腹が空いてちょっとおやつ

▲ふわふわした触感でほどよく甘い触感でした

▲こちらのお店

▲真ん中の細長い食べ物。中にアイス的な物が入っていて甘くて美味しかったです

▲パクチーも入っているので苦手な方は無理かも

僕はパクチーが大好きなのでとってもおいしかったです。

まとめ

國立傅統藝術中心傅藝文化園區。どんだけ楽しませてくれるんだ。

見どころめちゃくちゃある。

まだ続きます。

まとめ記事▶︎DIYと温泉街を楽しんだ宜欄観光まとめ(全13話) - 旅と写真を楽しむブログ

次の記事▶︎台湾のパペット(人形劇で使われる操り人形)は怖くて子供が泣いてしまうんじゃないか【台湾 宜蘭観光9】 - 旅と写真を楽しむブログ

前の記事▶︎海の中を自由に作れるキャンドルDIY【台湾 宜蘭観光7】 - 旅と写真を楽しむブログ