旅と写真を楽しむブログ

台湾のパペット(人形劇で使われる操り人形)は怖くて子供が泣いてしまうんじゃないか【台湾 宜蘭観光9】

國立傅統藝術中心傅藝文化園區シリーズ第9話。

台湾の人形劇のお店があったので入ってみました。

舌がべろんと出ている人形が多くて怖かったです。

みんなそれぞれ神様みたい

人形たちのご紹介

▲カラフルな衣装にヒゲがめっちゃ長いね

▲ちょっとしたヒゲと笑顔がまぶしい

▲右の建物はステージっぽいね

▲遠くを見つめてる

▲お気に入りの一枚

▲下も出てるしこめかみから髪の毛が伸びてる

▲1番左の神様はカメラ目線。もしかして自ら動いた?なんちゃって

▲一般人的な役なのだろうか

まとめ

実際にこちらの神様たちの人形劇を見たことがないのですが見てみたいですね。

もちろん中国語で分からないのですが見てストーリーを想像してブログで紹介したいものです。

前の記事▶︎お茶、昔の台湾にあった日本の雰囲気を感じさせてもらえるお店【台湾 宜蘭観光8】 - 旅と写真を楽しむブログ