統合失調症が旅に出た

Instagramがいいね数の非表示を検討 いいねのための写真撮影から脱出か

撮影した写真をInstagramに投稿して「いいね」数が少なかったらその投稿写真を消してしまったことはないでしょうか?

僕はあります。

幼い頃から人の目や顔色をうかがって生きてきたために周りからの評価を自分の自信にしてしまうクセがあります。

今回、Instagramでいいね数の非表示が検討されているということで思ったことを書いていきます。

こちらの記事でいいねに関してを知る

Instagramが「いいね!」数公開を中止を検討、群衆心理の抑制を狙う | TechCrunch Japan

いいね数の非表示で気軽に投稿可能へ

(どういう投稿がいいねがもらえるんだろう?)

いいね。いいね。いいね。いいね。頭の中はいいねばかり。

こういう写真はいいねもらえそうにないなぁと諦めたことは何度もある。

いいねを気にしなかったらできた投稿もたくさん僕にはある。

写真に対する姿勢をみるようになる

写真見るよりも、いいね数を見ることに集中していることもある。

いいね数が非表示されることによってより写真の楽しさや表現したいテーマや世界観が伝わるのではないか。

僕は投稿した人の構図やテーマをもっと探るようになると思っている。

より自分らしく、クリエイティブに

写真が好きな人(特にいいねを気にしてあまり投稿していなかった人)はより自分らしい表現を。

趣味でやっている人はいいね数を人と比べず、いいね数がなくなることで自信をなくす必要もなくなる。

僕はいいね非表示に賛成派ですね。

まとめ

いいねではなく、写真の本質や中身を見る。

どんどん機械化が進む中で、人間らしい表現を大切にする世の中となってきそうです。

Instagramいいね非表示が検討されるといいなぁ。

僕は自分らしい写真表現を求めて僕もInstagramを気長に続けていきます。

わたたく (@watari_takuya) • Instagram photos and videos