統合失調症が旅に出た

感情のコントロール 物事の最初と慣れてきてから 呼吸と姿勢 見取り稽古 【2019年3月25日(月)発売のジャンプから感じたこと・学び】

どうも~わたたく(プロフィール)です。

2019年3月25日(月)発売のジャンプのことを書いています。

今回、お気に入りのマンガの主人公も強敵に立ち向かい、打ち勝つには自分自身をもっと磨く必要があると考え始めます。その主人公からの学びが多かったです。 

感情の起伏をコントロールしたい

僕は18歳から29歳の今まで感情の起伏がとても激しかった。特に家族に怒り、憎しみ、憤りを感じて爆発させてきた。 

関連記事:僕の過去に関してはこちらのプロフィールから

感情をコントロールするために書籍を読んだり心の病の病院に行ったりもしていたが中々上手くもいかずに焦り、さらに感情をジョントロールできなくなっていた。

30歳の今。18歳の時から色々と行動してきて以前よりも感情をコントロールできるようになってきた。

このまま続けてコントロールしていこう。

呼吸の大切さ 姿勢

ゆっくりとした落ち着いた呼吸、背筋を張った姿勢。

この2つをやるだけで集中力が増したり感情のコントロールをしやすくなる。

加えてマイナス思考が格段に減少し、ポジティブ思考にもなる。

書いている今この時は姿勢を正してゆっくりとした呼吸も出来ている。

継続できるかだ。

やっていこう。

1日が全く違ったモノになる。

#物事の最初と慣れてきてからの 考え方

先ほどの姿勢と呼吸の話もそう。

最初は気を抜けば姿勢は乱れて背筋も曲がっているし、呼吸も浅くなってしまう。

歌もギターも写真もブログもそう。

なんだって最初は厳しい。

そして色々と経験を積んだあとは無駄な動きを削ぎ落していく。

余計な力。身体の姿勢。

僕はまだまだ知識を吸収し実行する段階です。

でも無駄な動きなどを減らしていくということを知っておくといいし今からもリラックスすることなどを意識していこうと気づかせてもらえました。

結果、さらなる技術が磨かれて次の段階へ進める。

見取り稽古

見ることもまた個人でやっていることの技術を磨く1つのうち。

もっと写真を見よう。

もっと文章を読もう。

まとめ

今週のジャンプは感情のコントロールする話、個人のやっていることの技術の磨き方に関する考え方が多かったですね

来週も楽しみです。 

前の号の記事:極限的な状況 思考を続けることで慣れない 社会とは 焦りなどの感情の努力からの脱却 【2019年3月18日(月) 発売の週刊少年ジャンプから感じたこと・学び】 - 統合失調症が旅に出た

次の号の記事:準備中