統合失調症が旅に出た

細かいところを気にしすぎて自分を責めない

どうもわたたくです(プロフィール

僕たち日本人は細かいところを気にしすぎて(あぁなんて自分はダメなんだろう)と責めてしまう時があります。

細部に気がつくことはいいことだけど自分を責めてしまうと毎日が暗くなるので責めないようにしよう。

細かさを気にすると小さなミスも気になる

何かノートを書いていて、ちょっと字を間違えたら(ダメだなぁ)って責めたり。

字が汚ければ(汚いなぁ)って自分を責めたり。

細かいところばかり気にしていたらミスから自分を責めることにつながる。

字は自分が読めれば良い

親や友人たちに汚いと言われようがなんと言われようが自分が読めれば良い。

基本的にノートは人に見せるものでもないし自分が理解できて成長できればそれでいいんですよ。

きれいに書かなきゃ。きれいにまとめなきゃ。

そしたら学んだり成長するということに意識はいかずにきれいにまとめたら満足して前に進まない。

細かいところは気にしすぎない。

楽になる

細かいところに気づいても自分を責めないようにするとめちゃくちゃ楽になるし思考に余裕がでますね。

まぁ。なんとかなるやって大きく構えれる。

スピードも上がる

例えばブログを書いていても句読点をどうするかとか気にしながら書いてたら中々書くことが進まないんですよ。

ブログのデザインも気にしすぎたら記事も書けないしさ。

もうね。細かいところ気にしないようになってからめちゃくちゃ書くのも早くなりましたもん。

ちょっとずつ細かさを気にしないようにしていった

どのようにして気にしないようにしていったかというと、僕はちょっとずつ気にしないようにしていっています。

最初は書いている字の汚さは気にしないようにし、次にブログの記事の更新の細かさを気にしないようにしました。

最近はブログに載せる写真の編集もせずにそのまま載せている時も多くなってきてさらに更新が楽です。

こだわりを捨てる

細かいところを気にしないようにするには「こだわりを捨てる」ということでもありますね。

こうあらねばならない。こうしないと僕は覚えられな。

ねば。しないといけない。

これは時として成長にも繋がるが妨げにもなる。

まとめ

まぁ。主に自分へのメッセージでもある記事でしたね。

細部に気づいても自分を責めないように考え方を変えてこう。

関連記事:台湾人は細かいところは気にしない - 統合失調症が旅に出た