旅と写真を楽しむブログ

草間彌生さんの作品が三創生活というデパートの広場にさりげなくあります

台湾。台北中心。

カメラ関連の道具を買うために三創生活という忠考新生という駅の近くにあるデパートへ。

出口はどこだと見つけたのは入ってきたところとは違う所。

そこの出口に 草間彌生さんの作品が広場にあるよ。って小さい張り紙が。

(え?広場ってどこ?)

もっと大きく告知していいのでは。

・・・。

この三創生活周辺の様子をたっぷり写真で紹介していることや中にどんなものがあるのかも書いていきます。

忠考新生駅周辺はカメラや電気屋さんがいっぱい

▲成功しそうです。ここで買えば

▲1月8日ですがまだクリスマス気分を味わえます

▲デパートへの道の途中

▲退屈だなぁ~。って感じ

▲飲食店たくさんあるよ

▲おいしそう

▲商談が始まるといいね

▲外に出てるこれは売り物?ボロボロな感じが・・・

▲お店の看板と夕日が綺麗な景色だった

▲ 右の木の板の光の反射がなんか目の錯覚

三創生活到着

▲芸術的な建物が三創生活

▲そのすぐ隣にあるのも電気屋さんでローカルな雰囲気。交渉とかも出来る感じのお店がたくさん

▲そして2つのお店は繋がっています

エレベーターが凄い三創生活に入ります

▲エレベーターが凄いよ

▲開くドアに映像流れているの

▲12階まである。僕が行ったのは3階のカメラバッグやカメラ屋さん関連

▲エレベーターのボタンもタッチパネルに感動。ちょっと反応しにくい

中や3階にあるもの

飲食店はもちろん、カメラ屋さんもあります。色々ある感じですね。3階に絞って書きます。

3階には僕が愛用しているカメラメーカーNikonのお店、SONY、Cannonなどのお店があります。

中はトイレもとっても綺麗です。

他にはPEAK DESIGNというめメーカー、僕が愛用しているLoweproなどのカメラバッグや三脚、メモリーカード、クロスなどのカメラ関連の便利グッズが置いています。

カメラをやられている方で何か困ったことがあればメーカーさんの人に聞けば教えてもらえるでしょうし(中国語、もしくは英語。英語は通じないことが多い)メンテグッズなどの必要なものも買えます。おそらく輸入関係によって値段はちょっと高めなので台湾に留学前に揃えるものは揃えておきましょう~。

他にもお金を払って本格的なVRを体験できる場所がありますね。

草間彌生さんの作品

▲銀色で輝いています

▲正面からもいい

▲この輝きとツヤが大好き。反射でぼくも写っちゃいました

草間彌生さんについて少し雑誌で読んでちょっとだけ知っていて作品も好き。

なので見つけた時は嬉しかったです。

最後に三創生活周辺をもう少し

▲光の流れ星。三創生活です

▲地上周辺ももちろん綺麗

▲突然ですがお腹へりましたのわたたく

▲チキンケバブみたいなもの。50元。

店員のおばちゃん「どこの出身なの?」

チキンケバブを注文して待ってる間に店員さんに聞かれました。

僕「日本だよ。」

店員のおばちゃん「あ~今は学生さん?」

僕「ううん。台湾のEzflyっていう旅行会社さんでね。日本人観光客さんを案内しているよ。」

店員のおばちゃん「あ~知ってるよその会社。あたしも別の会社さんでツアーやってるの。あたしたち似てるわね。うふふ。」

僕「あはは 笑 出身は台湾?」

店員のおばちゃん「うん。作ってくれてるかたはチュニジア。日本はチュニジアに何か像を作ったんだって?知ってる?」

チュニジア人の店主「いや知らない」

僕、店員のおばちゃん「知らんのかい。あはは。」

店員のおばちゃん「あなたは?」

僕「いや、僕も知らない」

店員のおばちゃん、チュニジア人「あはは」

じゃあ。と50元を渡して実食。

▲袋がかわいい

あぁ。美味しいな。

温かい人たちと喋ったあとのご飯は美味しさは倍増である。

辛くもなく、濃くもなく、 お腹が弱い人でも食べれますよ。(その後お腹を壊さなかった)

▲目の前にあるマネキンに見つめられながら食べきった。

まとめ

お腹もふくれたし、お店の人たちとの会話を思い出しながら家へと戻ったわたたくでした。