統合失調症が旅に出た

スマホゲームやめた方が毎日楽しい

スマホゲームで他のやりたいことができなくなってしまっている人へ。

やめた方が人生楽しくなります。なぜかと言うと体力やログインボーナスを意識しないことによってよく眠れるし、思考にも時間にも余裕が生まれるからです。

結果、今までスマホゲームに費やしていた時間で個人のやりたいことを磨く時間に当てれます。

僕のスマホゲーム経歴を解説しながらやめる前のこと、やめてから変わったこと、何に時間を割くようになったのかを書いていきます。

運営者のスマホゲーム履歴

ヴァルキリーコネクト、アナザーエデン、ラングリッサーモバイル。

特に長期間やっていたのはヴァルキリーコネクトですね。1年以上やっていました。オートでできるのが手軽にできてどハマりしました。

そして最近までやっていたのがラングリッサ―モバイル。頭をよく使うゲームだった。

スマホゲームにも意味はある

文章量もある。なのでゲームは自分で操作していく小説。

今出来ることは何かを考えるようになる。

どうしたら効率よくプレイできるか調べる力がつく。

ゲームによるけど凄い頭を使うし、戦略などを考える。カードゲームとかはそうかな。 

友だちと一緒にプレイすれば楽しいし笑顔になれる。 

いい点ももちろんある。

でも僕にとっては悪い点の方が多かったです。

スマホゲームをやることの問題

自分を責めてしまう

ゲーム中心の生活になる。やりたいことが後回しになってしまって結局やらない→(なんて自分はダメなんだろう。)って自分を責める。

責めるにも関わらず次の日にはやめれずまたゲーム。

そして思う。

(やりたいことを後回しにしてる自分はなんてダメなんだろうって。)

このループ。

スマホゲームで頭が埋め尽くされる

(15時に更新が来るのかな?来ないのかな?来ないんかぁ!!)

(新キャラきた!!)

(どうやって攻略するんだろう?)

(えっと。今ここで体力使っておいた方が効率いいな。)

集中力激減。

気になること多すぎ。

息抜きのはずが疲れる

スマホゲームってめっちゃ思考力と体力を使うんですよ。

朝早く起きる、もしくは寝不足になりながらも同じ敵を倒し続けて周回する。

息抜きで仕事以上に疲れ果てる時があります。

特に 目の極度な疲労。

睡眠の質の激減

朝5時に更新されるゲームがあってね。8時くらいまで寝たいのに気になって勝手に4時半ごろに目が覚める。

逆に深夜24時に更新のゲームは23時くらいに寝たいのに(あちお1時間で更新か・・・)と思って待ってしまう。

そして24時になったらやり始めて目が覚める→寝不足へ 。

あぁ。やばいなと思ってやめてもまた始めてしまう。

やってる時は楽しくてあまり気になりませんが終わってからは自分をまた責めます。

やめることで変わったこと

疲労の軽減(特に目と首こりと肩こり)。死んだような目からの解放。

自然の美しさを感じたり、今に集中できる。

睡眠の質の向上。

自分を責めるきっかけストレス激減。

自分のやりたいことがさらにできるようになる。 今まではゲームしてからやりたいことやる。って流れが朝起きて速攻やりたいことやるってなります。

周りの人も嬉しくなる。ゲームしてると集中力凄いんで会話も生まれないですからね。

スマホゲームのやめ方

徹底的に再びやらないように自分のやる気を失わせるのがコツ。

アイテム全部使う。

バックアップも消す。

売れる装備があれば全部売る。

Youtubeとかでゲームの広告が流れたら見ない。

やらないと決意する。

やめた後の人生を考える。ゲームを続ける人生とやりたいことを一生懸命やってもしかしたら別の可能性や出会いが開くかもしれない人生。

まとめ

スマホゲームは特に始めたてはすぐに成長を感じることができて快感を感じます。

その後はだんだんと成長がゆっくりとなり、ボスも強くなり、もっと倒したいもっと進みたい、あのキャラがあれば楽に勝てるといった思考に頭が支配されます。

アップデートの時間も気になるし気がつけば自分の本当にやりたいことをする時間がなくなっている。

僕はスマホゲームと自分の本当にやりたいこと(写真、歌、ブログ)などの両立ができないタイプだったので辞めた。