統合失調症が旅に出た

府中駅 宙に浮かぶ湾曲した謎の文字盤【台北のMRTを撮りつくす旅33】

どうも~わたたく(プロフィール)です。

何が書かれてるんやろう。元気でいってらっしゃいみたいな?

台北の地下鉄(MRT)府中駅にて発見した湾曲した文字盤。

ほぼ1年いながら中国語は勉強していないのでさっぱりわかりませんがかっこよかったです。

府中駅の表示 場所など

▲普通に日本語でも読めるね

▲デパートとか 色々ある板橋駅の隣。府中にも色々あります。

▲周辺地図

駅構内

▲柱に水色が部分的に入っている

▲青色とピンクの正方形。台湾は床も駅ごとに違うんですよね

文字盤現る

▲もう何もないかなと思ったらインパクト抜群の作品?が

▲めっちゃ大きい

▲何気に天井の黒と白の模様も好き

▲めっちゃ不思議。このアングルはイルカショーのイルカになった気分。水の中から輪をくぐるやつね

▲アングル次第でいくらでも楽しめる

▲実はエスカレーター登ってる最中にもある

▲壁にくっついても固定されてる?

▲青い文字が流れてる

▲創作?かな。ちょっと見えにくいけど書いてあるね

まとめ

駅の利用者さんは頻繁に見ているのかカメラで撮影している人はいませんでしたね。

まぁそりゃ毎日見てたら慣れますよね。

次の記事:準備中

前の記事:新埔駅の天井に波に夏を思う【台北のMRTを撮りつくす旅32】 - 統合失調症が旅に出た