旅と写真を楽しむブログ

中国語が出来ないのに部屋を見に行ったけど情報が違った【台湾ワーキングホリデー30日目~31日目】

2018年8月3日~8月4日(土)

(そろそろ仕事を探さないとな~。)

台湾の淡江大学のICLP7プログラムが約2週間後に終了するということで部屋探しを始めました。

8月3日は前回のカラオケでの出来事が大変で休憩していましたので探し始めたのは8月4日からです。

どのようにして探したのかをお伝えしていきます。

記事の続きは関連記事の後からどうぞ

関連記事

前回の記事 www.shashintanoshimu.com

インターネットで住む場所探し

都会が苦手だし淡水駅周辺に住みたい

まずはインターネットで検索をします。参考にしたサイトです。

以下のサイトさんには台湾では大家さんと直接交渉して部屋を契約するというようなとっても役に立つ情報を書いてくれていますので助かりました。

kanakokoyama.com

気になる物件発見して電話してもらう

ここ駅から近いし景色も良いしいいなぁ

ということで申し込もうにも電話する手段がない。

ここで参加しているプログラムのカウンセラーさん(面倒見てくれる人たち)に相談してオーナーに電話をかけてもらう。

当日中に会おうということになって16時半ごろに見に行きました。

質問の準備

あかん。緊張する

オーナーさんは英語を少し話せるのですがほんの少し。中国語も喋れないし1人で部屋を見に行くわけだし緊張しました。

ですが見に行く前に時間があって「電気代はいくらですか?」などの質問を考えて紙にメモをしていました。

情報が違う。メモの準備はいらなかった

淡水駅の近くのピザ屋さんの前で無事に物件所有者に会いました。 

そこから歩いて近かったのですが・・・。

めっちゃじとっとしてる路地やなぁ

物凄く日の当たらない路地。部屋は5階だけれどエレベーターなし。

狭い廊下、壊れていそうな洗濯機。低い天井。

・・・。窓からの景色を見せてくれない?淡水河の綺麗な眺めはどこから見えるの?

「今は見えない。」

え?サイトでは綺麗な景色が見えるって書いていて大きな写真が載ってたけど?

「数年前のことなんだ・・・。」

(し、信用できない。)

「他に何か質問ある?」

ないです。

断ってすぐに帰りました。

オーナーと会った淡水駅近くのピザ屋前

カウンセラーさんが探してくれる

「タクヤ部屋どうたった?」

色々と情報が違ってね。断ってきたよ

意気消沈する僕を見て、私も探すと言ってくれました。

新しい物件

「タクヤここはどう?プールとかビリヤードとかついてて6500NTD(26000円くらい)。しかもドミトリーじゃなくて一人で使えるよ。」

ええっ?ほんま?ちょっと見に行ってみる。

「分かった。連絡してみるね。」

明日の朝にオーナーさんと会えるようにしてもらいました。

下見に行く

大学の寮から15分くらいの所。

明日に迷子にならないためにあらかじめ下見に行くことにしました。

グーグルマップを使って周りに何があるかなどを確認しながら待ち合わせ場所を確認。

明日のための準備をしっかりとして寮に戻って睡眠をとりました。

まとめ

異国の地で助けてくれる人の存在は本当に助かります。

カウンセラーさんに本当に感謝です。

どんな部屋だったのか。次の記事で書きますので楽しみにしてて下さい。

関連記事

前回の記事 www.shashintanoshimu.com