旅と写真を楽しむブログ

祝。月27200円で非常に良い家を紹介してもらえて契約した 【台湾ワーキングホリデー32日目】

2018年8月5日(日)

家が見つかりました。

紹介してもらったところに実際に1人で見に行き、良いと思って速攻で契約をしました。

プール、ビリヤード、卓球台、ジム、勉強スペースを無料で使えるマンションです。

記事の続きは関連記事の先からどうぞ。

関連記事

次の日の記事はこちら。 www.shashintanoshimu.com

前の日の記事はこちら。 www.shashintanoshimu.com

午前10時

先日に下見に行っていたおかげで迷わず行けました 。

開店前に不動産屋さんの前のFamily Martでゆったりして開店したら中に入ってと言われました。

3つの部屋の内見

1つしかないように思ってたのですが部屋は3つあると言われて案内してもらいました。

その方は中国語のみで英語と日本語が苦手。

僕もとっても簡単な中国語と英語で会話。

3つ見せてもらって周りの施設にも案内してもらいました。

良かった部屋をその日のうちに契約

日当たりの良くて天井も高い部屋。プール、ビリヤード、ジム、勉強スペース、家賃都会から離れた場所、しかし駅前にはたくさんの店があって不便ではない。徒歩10分程度、バスも頻繁に有り、インターネットも有り、2人部屋を1人で使える、静か。

電気代と水道代は別にしてもかなりいい条件だと思ったのですぐに契約すると伝えました。

契約した部屋の写真の紹介

廊下

リビング

バスルーム、トイレ

屋上からの景色

各種施設

ビリヤード2台と奥に卓球1台

たまに1人で寂しくやっています。

外のスペース

ジム

ロッククライミングの練習

プールとジャグジー

勉強とか喋れるところ

洗濯機と乾燥機

交渉。最低1年住むという条件

11ヶ月後には日本に帰らないと行けないので1年は住めない。

それを伝えると11ヶ月だったら6500NTDを6800元(27200円)くらいにするけどいいかと言われて少し考えてオッケーした。

ちなみに2人部屋なので誰か他のルームメイト(彼女)が見つかれば3400元で住める。

これ以上いいところはなかなか見つからない。

それにICLP7プログラムは予定がわからないところが沢山あって早い目に行動しておかないと必ずバタバタして友達にも別れを言えなくなると思ったからです。

お金を払う

今度でもいいけど今日来るなら閉店までにお金を払いに来てね。あとパスポート持って来て。

コンビニのATMでお金を下ろして払いました。

キャッシュパスポートというカードが本当に便利です。

サインの時に注意

部屋の番号を書き間違えてた。

もらった書類にサインをするとき、部屋の番号を僕が住みたい部屋と違うところを書いていました。

部屋の番号の写真を撮っておいてよく確認して良かった

書いたのは案内してくれたのとは違うおばちゃん。このおばちゃんを僕はもう信用しない。

サインを読んでいる時にめっちゃ急かしてきたし中国語分からんと思ってなめられてるよね。

書類の確認はどんな時でも注意深くですね。

外泊許可をもらう

この日からにもう住んでいいことになったのでカウンセラーに相談。

ちょっと疲れ果てて寝たいからドミトリーで寝ないでいい?

たくや。色々と大変だったし休むことが必要だから良いよ。プール泳いだりして休んで

心のあるカウンセラーさんで良かった。

まとめ

こうして僕は住む場所が見つかり、心配事が1つ減ったのでした。

21時半まではドミトリーにいて今しか一緒にいれない仲間たちとの会話を楽しみました。

ぐっすり眠りましたね。

続く。

次の日の記事はこちら。 www.shashintanoshimu.com

前の日の記事はこちら。 www.shashintanoshimu.com