旅と写真を楽しむブログ

淡江大学台北キャンパスの授業始まる【台湾ワーキングホリデー47日目】

どうも旅と写真が大好きわたたく(@Instagram)です。

2018年8月20日(月)

ワーキングホリデープログラム利用者は淡江大学台北キャンパスの授業を1週間無料で受けれるということで受けることにしました。

新しい出来事と出会いの始まりです。

記事の続きは関連記事の先からどうぞ。

関連記事

次の日の記事 www.shashintanoshimu.com

前の日の記事 www.shashintanoshimu.com

約1時間半かけて台北キャンパスへ

初めてやし迷子になったらあかんし早い目に出よう

ということで朝の6時半に出ました。僕が住んでいる淡水から台北キャンパスのある駅は1時間半くらいかかるんですよ。

朝の淡水も景色がいいなぁ

電車の席に座り、音楽を聞いたり中国語の勉強をしながら目的地へと向かいます。

淡江大学台北キャンパスに到着

以外にも最寄駅から道に迷わずにすぐに到着してしまったわたたく。

あかん。まだ事務所あいてない

大学の入り口は開いていました。

しかし事務所には誰もいなかったので周囲を散策することに。

やっぱり淡水とは違って都会だな

写真撮影を楽しんでいました。

事務所で無料1週間授業の申し込み

Excuse me. I wanna take free Chinese class. How can I take it?

「日本人の方ですか?」

はい

「あはは。日本語で良いですよ。」

めちゃくちゃ日本語喋れる台湾のスタッフさんがいました。

書類を記入しに地下へ。

地下のスペースで書類を記入しに行きました。

簡単に名前やら色々な情報を書いて教室へ。

教室に行く前にICLPの生徒さんと会う

〇〇さんっ!!

一緒の淡江大学の淡水キャンパスICLP7プログラムで一緒に学んだこともある仲間と偶然出会う。

縁って凄いですね。

インドネシア人多い

教室に行くとインドネシア人がたくさんいるクラスでした。

すでにグループ化されていて中々、話しかけれる雰囲気ではなくて気まずさを感じました。

まぁそのうち喋れるようになるやろ

てことで休憩時間にちょっとずつ喋れるようになりました。

野菜のサブウェイ

ご飯行こうぜってなってインドネシアの仲間に野菜のサブウェイ食べた事がない人がいて結構な距離を歩いて野菜のサブウェイを食べました。

注文めっちゃ時間かかった。かなりの大人数で行ったし。

そのあとどっか滝に見に行くかと聞かれたけどパスポートやら色々持ってきていたし断って帰りました。

滝。見に行きたかったけどなぁ

どこの滝?って聞いたら何かはっきりせんしかなり振り回される感じがしたので仕方ない。

まとめ

授業は6週間のクラスで教わっていたことで分かるのですが発音が出来ていないし喋れないので学び直しもいいと思いました。

読める聞いて分かるも大切だけれど1番大切なのは話せるということなので再び頑張りはじめる感じです。

中国語は発音はほんまに長い時間練習が必要。

コツコツ地道に発音練習ね。 次の日の記事 www.shashintanoshimu.com

前の日の記事 www.shashintanoshimu.com