統合失調症が旅に出た

台湾のお寺の門と踏んでは行けない所【台湾の大晦日4】

どうもわたたくです。(プロフィール)。

台湾のお寺の門と踏んではいけない場所の解説です。

扉を閉じると神様を護る門となる

▲イラストの書かれた門。この方々は神様を護っている

この写真は神様がいる部屋の内側から撮影しています。閉じることによって正面は神様を護る役割を果たします。

また開いていると訪れた人たちを見る役割も果たしていますね。

▲夜には閉じるのでしょうか

踏んではいけない場所

▲門のような場所の先へ進む時にまたがないといけない場所があります。そのまたぐ部分を踏まないように言われました。

まとめ

彼女「観光客の人って門の部分を踏んじゃう人が多いのよ。踏まないように気をつけてね。」

門のこと。踏んではいけないところは知らなかったのでとても勉強になりました。

続く。

次の記事▶︎ 台湾のお寺の神様へのお金とお寺の内装【台湾の大晦日5】 - 統合失調症が旅に出た

前の記事▶︎台湾のお寺の神様【台湾の大晦日3】 - 統合失調症が旅に出た

まとめ記事▶︎台湾の大晦日シリーズまとめ - 統合失調症が旅に出た