統合失調症が旅に出た

台湾のお寺の中で写真を撮ってはいけない場所【台湾の大晦日8】

どうもわたたくです(プロフィール)。

台湾のお寺の中で写真を撮影してはいけない場所を書いています。

個人の遺灰が置いてある部屋の写真を撮ってはいけません。

個人の遺灰が眠る場所

▲僕が行った遺灰の場所は2階でした

▲奥、手前と2部屋ありましたね

▲手前にもある

普通は入れないかと

普通は入れないと思いますが、雰囲気も違い写真を撮ろうとも思えなかったです。

ご遺灰の方の写真がツボに貼ってあり、冷たい空気が流れていました。

写真を撮ると家まで霊がついて来る。という言われて怖くもなりましたね。

まとめ

どのお寺にこういうスペースがあるのだと思います。

見張っている人もいないお寺もあるために好奇心旺盛な方は入ってしまうことも あるかもしれませんね。

その場合は白黒と人の顔写真が貼ってあると遺灰 だと思いますので写真を撮らないで下さいね。

続く。

次の記事▶︎台湾の大晦日の時に食べに行ったレストランの雰囲気【台湾の大晦日9】 - 統合失調症が旅に出た

前の記事▶︎神様へのお金を燃やす【台湾の大晦日7】 - 統合失調症が旅に出た

まとめ記事▶︎台湾の大晦日シリーズまとめ - 統合失調症が旅に出た