旅と写真を楽しむブログ

おばぁちゃんの写真家「西本喜美子」さんが通われている写真教室「遊美塾」の講義を受けてワクワクした

携帯ストラップが携帯から自ら外れようとしていることをぶらして表現 自分でゴミ袋をまとって可燃ゴミ扱いされている写真や物干し竿に縛りつけられている写真を自撮りした有名なおばぁちゃん写真家の「西本喜美子」さん。写真は見て頂けた方が伝わりやすいですし今までのことを詳しく書いて頂けている方の記事は下記をクリックでお読み頂けます。 note.mu

西本喜美子さんご本人のブログ kimikosan.exblog.jp

(何歳からでもやれば出来るようになるんだなぁ。すごいなぁ。僕もやろう。)

勇気づけられてやる気をもらってしばらく。大阪のおはよう朝日という番組で「西本喜美子」さんが通われている写真教室「遊美塾」の講義が大阪であることを知って受けてきました。

この記事では以下のようなことと約3時間あった写真講義の内容の一部をご紹介しています。

・遊美塾さんの紹介
・講義の日程や雰囲気を簡単に解説
・ニュース番組で紹介されていた写真の練習方法の実践
・個人の感想
・大阪でも講義をやって頂けるので参加するということ

講義中は(そうか。なるほど。やっぱそうなんだ。え?凄い?)とかでもう写真の世界が広がりに広がりに広がってずっとワクワクしていました。

遊美塾さんとは

まずは遊美塾さんの公式ページをご覧ください。 www.yubijuku.net

熊本にメインの教室があります。

おばぁちゃん写真家「西本喜美子」さんの息子さんである「西本和民(かずたみ)」さんが講師です。B'zさん、チャゲ&飛鳥さん、吉川晃司さん、 光GENJIさん、おニャン子クラブさんなどのアーティスト写真を撮影をされていたもの凄い実績をお持ちの先生。

写真教室だけでなく他の講座もやられていて僕はどれも興味があるものばかりです。

参加した写真講義の詳細

開催日:2018年3月10日(土)
日程:午前10時30分から午後13時30分。午後の部は14時30分から17時30分
場所:大阪の梅田にある日本生命梅田ビル5階
料金:4000円
持ち物:カメラ(スマホでもok)筆記具

僕は午前の部に参加しました。

講義の参加を決めた理由

参加を決めた訳はは3つです。

1 西本喜美子さんにお会いしたかった
2 西本和民さんの頭を使って考えて撮るという講義にとても興味があった
3 料金が良心的でとっても受けやすかった

僕はカメラの勉強や練習では考えて撮る。ということが大事だという考え方をしています。色々な書籍を読んで独学で勉強していてこの講義でさらに前に進めると直感しました。

講師の方の実績が凄くて高額なんだろうなぁって半ば諦め気味だったのですが3時間4000円と知ってすぐに参加を決意。

当日がめっちゃ楽しみでしたね。

当日

午前10時5分ぐらいに会場に到着すると「西本喜美子」さんが受付の近くで座って他の参加者さんと写真を撮っていました。

僕も一緒に写真を撮ってもらいました。⬅︎(緊張してブログに載せていいか許可をもらってないので載せれません。)

写真は笑顔で僕の左腕をやさしく掴んで肩に頭をつけて寄り添ってくれています。「わぁ〜いい感じ〜♪」と撮影して頂けた人がそんな声を上げてしまうような雰囲気です。

ちょっと恥ずかしかったのと僕が大好きだった天国にいるおばぁちゃんを思い出してウルウルしました。

大事に大事に保存してあります。

講義内容

講義の内容を全て明かすことは出来ないのでここではテレビで放送されていたことのみを書かさせて頂きます。

写真で4コマ漫画を作ろう

4コマ漫画を作成し、起承転結を考えながら写真を撮ると頭を使って撮ることになる。

ルール

1 最初にカバンの中などから適当なモノを選んで4コマ漫画の主人公を決める
2 言葉はなし
3 制限時間は約20分〜30分ほど

僕はこの日、初めてやってみたのですがめっちゃ頭を使いました。なぜならストーリーを考えるしその話を分かってもらうためにどう撮るかをとっても考えるので。

僕が主人公にしたのはガラケーについていたスヌーピーの携帯ストラップ。

考えて撮るということを大切にしたかった僕は時間ギリギリまでノートにアイデアを書きまくって最後に撮影をしました。

作成した4コマ漫画をまずは解説なしで載せますので何を伝えたかったのかを見て楽しんで頂けたらなと思います。

作成した4コマ漫画

携帯ストラップが自ら外れることができたこと

スマホに移りたがっている携帯のストラップ

スマホに移ることよりも先にiPhone裏面にあるデザインのリンゴを食べてしまうストラップのキャラクター

解説と伝えたかったこと

タイトルは「だってイチゴ食べれないんだもんっ!!」

自分の力でガラケーから外れようとしていることをカメラをブラして表現。

携帯ストラップが自ら外れることができたこと 頑張って頑張って外れることが出来てほっとしていること。

スマホに移りたがっている携帯のストラップ イチゴの傷で外れるのに苦労したこと。実は近くにiPhoneがあってそっちに移りたかったこと。

スマホに移ることよりも先にiPhone裏面にあるデザインのリンゴを食べてしまうストラップのキャラクター スマホに取り付くよりも先にリンゴをかじっちゃったこと。そして「だってイチゴ食べれないんだもんっ!!」とつぶやくと主人公。

ここには複数の意味も込めました。

・自分でやることの苦しみと出来た時の達成感と喜び
・まだ使える古いものよりも最新のものばかりに興味があって手を出す自分や社会への皮肉
・自分が背負っているものは見えにくく活かすことが難しいこと
・天国にいる僕のおばぁちゃんが使っていたガラケーから孫へのバトン

写真で4コマ漫画を作成することによって どう撮るかをもの凄く考えたしめっちゃ楽しかったです。

皆さまも良かったらやってみてください。作成する方も見る方も頭を使って楽しいですから♪

伝えるためにどう撮ろうかと撮り方もいっぱい考えるのでめっちゃ上手くなります。笑

大阪で写真講義が開催されます

(また受けたいけど、熊本教室か広島教室に行かないといけないのかぁ。)って思ってたのですが・・・。

講義の最後に大阪で開催されるということが講師の「西本和民」さんから伝えられて心の中で僕は大喜び。もうすでに申し込みました。

日程:2018年4月14日(土)13時から17時⬅︎4時間の写真講義がたまらなく嬉しい
場所:この記事を書いた2018年3月12日時点では梅田近郊
料金:4000円+入会金1000円
講座は月に1回

詳細は下記からどうぞ。

大阪・1期生募集。yubiというものをクリックしてください。➡︎ 遊美塾・大阪 受講申し込み

東京、名古屋、広島、福岡、熊本については下記のページのトップに載っています。大阪は2018年3月12日現在は「大阪 再送フォーム」という所をクリックすると1期生募集のページに移ります。 www.yubijuku.net

僕は2018年の6月にハワイへ旅行。7月から12月の間にオーストラリアへ1年から2年ほど現地で働きながら芸術活動をする留学をしようと準備と行動をしています。なので遊美塾で毎月1回ある講義。1年で12回ある講義に全て参加は出来ませんが日本を離れる前に少しでも写真のアイデアや撮り方を知っておきたいのです。

講義は人が集まらないと開催されないのでどうなるか分からないけど詳細には欠席された場合はその回の受講料は不要ですと書いてある。参加できるものは参加して帰国してからまた受けたいです。⬅︎(もしかしたら海外に行ったりで参加できない場合はダメかもしれない。ダメな場合は確認がとれ次第追記します。)

今は3月10日に教わったことを自分のものにしながら人数が集まって開催されることを願う日々です。

大阪でこのブログを読んでる方で講義に参加されたら僕にも会えますよ〜♪ 笑 もし会えたら写真だけでなくブログのお話もできますね♪

まとめ

写真教室「遊美塾」は写真が上手くなるのはもちろん。写真を通じて生きる上での大切なことも教えて頂けます。

遊美塾さんの講義を受けて本当によかったです。

また受けれることがほんとに楽しみだし、写真の仲間が出来たら色々な話をして毎日を充実させたいなぁ。

写真で4コマ漫画もっと作ろ。ほんでブログに載せてこ。

ふふふ。

写真創作って楽しいね。

関連記事

翌日に街中を撮りに行ってたら警察官の方に職務質問をされました。そらシャッターの写真を撮ってたら怪しいですよね。笑 でもね。撮ってた理由をちゃんと説明したら「あ〜っ!!」って分かってくれたし笑顔で2人の警察官の方と別れました。笑 www.shashintanoshimu.com